経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「グスタフ・カッセル ~大恐慌の到来を見通していた経済学者~」

●Lars Christensen, “Gustav Cassel foresaw the Great Depression”(The Market Monetarist, November 9, 2011)


私は金融政策の問題についてはすっかりオタクめいたところがあるわけだが、少し前にそのような私を大層幸せな気分にさせてくれる出来事があった。ダグラス・アーウィン(Douglas Irwin)からメールで彼が執筆したグスタフ・カッセル(Gustav Cassel)に関するワーキングぺーパーを受け取ったのだ。この数週間というもの、この論文の最終稿が出来上がるのをまだかまだかと待ち遠しく思っていた。ダグラスは親切にもこの論文を草稿段階から私に送ってくれていたのである。そして遂に(アーウィンが籍を置く)ダートマス大学のウェブサイトに論文の最終稿がアップされた(pdf)のだ1

この論文を簡潔に表現するとこういうことになるだろう。この論文はスウェーデンの偉大な経済学者にして貨幣理論の専門家であるグスタフ・カッセルの見解と彼の影響について鋭く切り込んだ秀作である。

以下に論文のアブストラクト(要約)を引用しておこう。

大恐慌(Great Depression)に対して当時の経済学者がどのような反応を見せたかということが問題とされる際には、フリードリヒ・ハイエク(Friedrich Hayek)vs ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes)といった対立に焦点が当てられがちである。しかしながら、大恐慌の解釈ということで言うと(ハイエクの流れを汲む)オーストリアンにしてもケインジアンにしてもどちらも不完全であると言わざるを得ない。オーストリアンは経済がどのようにして不況に陥る可能性があるかという点に関してはそれなりの説明を提供できているものの(オーストリアンの答え;投資ブームに続く崩壊)、経済がどのようにして不況から脱出し得るかという点に関しては満足のいく説明を提供できないでいる(オーストリアンの答え;清算(liquidation)プロセス)。一方で、ケインジアンは経済がどのようにして不況から脱出し得るかという点に関してはそれなりの説明を提供できているものの(ケインジアンの答え;公共事業の実施を通じた政府支出の増加)、経済がどのようにして不況に陥る可能性があるかという点に関しては満足のいく説明を提供できないでいる(ケインジアンの答え;アニマル・スピリッツ)。大恐慌当時、貨幣的な(マネタリーな)アプローチに基づいて議論を展開していた経済学者のグループが存在していたものの、ハイエクやケインズとは対照的に彼らの存在はこれまで無視されてきた。その中でも代表的な存在はスウェーデンの経済学者グスタフ・カッセルである。カッセルは金本位制の管理に不備が生じる(mismanagement)ことで深刻な不況がもたらされる可能性があると1920年という早い段階で既に警告を発していた。カッセルはそのメカニズム(金本位制の管理の不備がどのようにして深刻な不況につながるのか)について彼なりの説明を提供していたばかりではなく、彼のその説明は大恐慌の発生プロセスに関する現在の専門家による説明を先取りしてもいるのである。ケインズやハイエクとは異なり、カッセルは経済がどのようにして不況に陥る可能性があるかという点についてばかりか(カッセルの答え;金融引き締めを原因としたデフレーション)、経済がどのようにして不況から脱出し得るかという点についても説明を提供していたのだ(カッセルの答え;金融緩和)。

アーウィンのこの論文はカッセルに関する大変優れた研究であり、1920~30年代における貨幣を巡る時事的な論争ならびに貨幣理論一般に対してカッセルがどれだけ重要な貢献を果たしたかをご存知でないという人は是非とも目を通すべきだろう。

当時論争の場で中心的な役割を演じたその他の人物――ハイエクやケインズ――とは異なり、カッセルは大恐慌の起源は貨幣(あるいは金融政策)の動向にあることをよくよく理解していた。現在の地点から当時の議論の様子を振り返ってみると、1930年代とまったく同じ議論を現在もまた繰り返していることに気付かされざるを得ない。もしもカッセルが現在も生きていたとしたら、1930年代に彼が実際そうしていたようにケインジアンやオーストリアンを手厳しく批判するばかりではなく、堂々たるマーケット・マネタリストの一人として振る舞っていたに違いない。「マーケット・マネタリスト」という何とも素敵な名前が思い付かれていなかったとしたら(「エゴ丸出しか!」と突っ込まれることは承知している2)、現在マーケット・マネタリストを名乗っている人々は自分のことを「ニューカッセリアン(New Casselian)」と呼んでいた可能性だって十分あるのだ。

カッセルは大恐慌の原因を明快なかたちで説明している。1920~30年代にフランスやアメリカの中央銀行が金(ゴールド)を溜め込んだことが主因となって世界的な金融引き締め状態が生じ、その結果として世界経済が深刻な不況に追いやられた、という説明である。この説明は今般の大不況(Great Recession)に関する次のような(マーケット・マネタリスト流の)説明、すなわち、貨幣需要の急激な高まりを原因とする「受動的な」金融引き締めがデフレ圧力を生み、その結果として世界経済(中でもアメリカ経済とユーロ圏経済)が大不況に追いやられることになった、という説明と瓜二つである。もしもカッセルが現在も生きていたとしたら、今般の大不況の原因を見事に抉り出していたに違いない。

マーケット・マネタリストの面々は今般の大不況の原因について説得的で正しいストーリーを語っていると私は信じて疑わないが、それならカッセルがいてもいなくても(カッセルが現在も生きていようがいまいが)変わらないかというとそういうわけではないだろう。もしもカッセルが現在も生きていたとしたら、今般の危機に備わる国際的な側面――特にユーロ圏経済におけるドルへの高い需要――に対する理解を深める上でマーケット・マネタリスト陣営に加勢してくれていたに違いない。

ダグラス・アーウィンが書き上げたこの論文は大変優れたものであり、貨幣理論と貨幣史に興味を持つ人であれば誰もが一読すべきものである。

ダグラス、どうもありがとう。またまた大きな仕事をやってのけたね!

(追記)このブログでは過去にもアーウィンの研究やカッセルの話題を取り上げている。以下にそのリンクを貼り付けておくのであわせて参照してもらえたら幸いだ。

●“Hawtrey, Cassel and Glasner
●“Our Monetary ills Laid to Puritanism
●“Calvinist economics – the sin of our times
●“Gustav Cassel on recessions
●“France caused the Great Depression – who caused the Great Recession?

  1. 訳注;その後、Journal of Money, Credit and Banking (Vol. 46, Issue 1, pp. 199–227, February 2014)に掲載。 []
  2. 訳注;マーケット・マネタリスト(マーケット・マネタリズム)という名前を考えたのはクリステンセン(pdf)。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください