経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダイアン・コイル 「大学入学を控えた我が子にお薦めの経済学本 ~経済学素人から経済学狂へ~」(2009年8月20日)

●Diane Coyle, “Pre-university reading lists”(The Enlightened Economist, August 20, 2009)


本日は、イギリスのAレベル課程で学ぶ高校生諸君(我が息子もそのうちの一人)が希望する大学に入学できるかどうか(入学資格を得られるかどうか)の判定が下された一日だった。我が息子(天才坊や)はというと、まんまとやりおおせたようだ。希望する進学先であるジーザス・カレッジ(オックスフォード大学)のチューターの先生から、少し前にリーディングリストを渡されていたのだが、早速そのリストの点検を始める興奮ぶりときている。

息子が渡されたリストの中の経済学の項目に目をやると、ベッグ&フィッシャー&ドーンブッシュの教科書が一番先頭を飾っている。他には、数学(経済数学)の教科書が二冊。アンソーニ&ビッグスの『Mathematics for Economics and Finance』に、イアン・ジャックスの『Mathematics for Economics and Business』。経済学を幅広い視野から学ぶための読み物として、ウィリアム・バーバーの『History of Economic Thought』(邦訳『経済思想史入門』)と、クリス・ヒューンの『Real World Economics』も、名を連ねている。

大学で経済学を学ぶ前準備にもってこいの本。そんな本が、私の蔵書の中なり、我が家の外なりに、見つかるだろうか? そんな疑問が頭をよぎる。ちなみに、我が息子は、ティム・ハーフォードの『Undercover Economist』(邦訳『まっとうな経済学』)は読み終えている。もちろん、『Freakonomics』(邦訳『ヤバい経済学』)もだ(拙著の『Sex, Drugs and Economics』や『The Soulful Science』(邦訳『ソウルフルな経済学』)はどうかというと、鼻であしらわれる始末)。バーバー本の代わりに、(ハイルブローナーの)『The Worldy Philosophers』(邦訳『入門経済思想史:世俗の思想家たち』)というのも悪くなかろうね。

私が30ウン年前にオックスフォード大学に入学する前に渡されたリーディングリストには、ロイ・ハロッドの手になるケインズの伝記(邦訳『ケインズ伝』)が名を連ねていたと記憶している。今やスキデルスキーのケインズ伝に取って代わられた感があるが、残念ながら、我が家にあるスキデルスキーのケインズ伝は3巻本のバージョンときている。18歳児には近寄りがたい代物間違い無しだ。しかしながら、スキデルスキーのケインズ伝は、1冊にまとめられたバージョンもある。そっちなら悪くないだろう。多くの学者の間で味気ない文章が幅を利かせている昨今だが、そんな風潮に流されないための予防接種的な意味で、ケインズの手になるエッセイもいくつかリストに加えたいところ。例えば、『Essays in Persuasion』(邦訳『説得論集』)とか。

やり過ぎは禁物。・・・ではあるが、高校で経済学を学んでこなかった経済学素人(である我が息子)を経済学狂に変えるには、どんな本を薦めたらいいだろうか? 何かいい本ある?

ダイアン・コイル「緊縮再考の火種になるかもしれない一冊」(2019年3月3日)

[Diane Coyle, “Austerity revisited,” The Enlightened Economist, March 3, 2019]

このところ読んでいる本は,『緊縮:機能するときとしないとき』だ.著者は,Alberto Alesina, Carlo Favero & Francesco Giavazzi.きっと,ある種の人たちにはウケがよくない本だ.
[Read more…]

ダイアン・コイル 「続・経済学者にお薦めの古典小説(+α)」(2018年9月3日)

●Diane Coyle, “More classics (and other novels) for economists”(The Enlightened Economist, September 3, 2018)


経済学者にお薦めの古典小説のリストを作成したのが2013年。そのリストをそっくりそのまま再掲した〔拙訳はこちら〕のが昨日のこと。すると早速、コメント欄やツイッターを通じて、リストに加えるべきお薦めの作品に関する情報が続々と寄せられた。今回は、みんなから寄せられたお薦めの中から、いくつか紹介しようと思う。まずは古典小説の分野から。 [Read more…]

ダイアン・コイル 「経済学者にお薦めの古典小説」(2018年9月2日)

●Diane Coyle, “Classics for Economists”(The Enlightened Economist, September 2, 2018)


オックスフォード大学に籍を置くエリザベス・ボールドウィン(Elizabeth Baldwin)に言われて思い出したのだが、経済学者が読んでおくべき古典小説のリストを数年ほど前に本ブログで紹介したことがある。自分でもすっかりその存在を失念してしまっていたのだが、我ながら、なかなかの出来のリストなんじゃないかと、図々しくも自負していたりする。そんなわけで、以下にその(なかなかの出来の)リストを再掲することにしよう。

早速本題に入りたいところだが、その前に、リストは改善の余地ありということは断っておくとしよう。私がもまれてきた文化的な環境の基準に照らすと、ロシアの文豪の作品については読書量が足りていない、というのが正直なところだ。ロシアの文豪のうちで、経済学と関係が深い作品を残しているのは誰だろうか? ヘンリー・ジェイムズとか、ディケンズとかは、個人的に好きじゃないのだが(学校で課題図書として強制的に読まされたのがその理由)、(ディケンズの)『リトル・ドリット』なんかは、リストに入れてもいいんじゃないかとは思う。アフリカ文学だとか、インド文学、はたまた中国文学の古典なんかは、どうだろうね? 現代の古典――例えば、カート・ヴォネガットの『プレイヤー・ピアノ』とか――も加えた方がいい? 何かお薦めの小説があれば、是非ともお教え願いたいところだ。 [Read more…]

ダイアン・コイル「主流派経済学カリキュラムの総点検を」

Diane Coyle “The mainstream economics curriculum needs an overhaul” (VOX, 4 May 2014)

今日の学部生は明日の政策決定者であり、学部の経済学カリキュラムには途方もない影響力がある。世界金融危機の前後における多大な政策の失敗は、したがってそれに再考を促している。本稿では、カリキュラムの改革の必要性についてある程度のコンセンサスは存在するものの、それがこの教科の基盤となる礎石を排除することを意味するのかどうかについては何ら合意がないことを論じる。しかしながら、この先5年ないし10年の学部コースはその性質をがらりと変えていることはほぼ間違いないだろう。 [Read more…]