経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック「セックスの再分配と障害者」

Alex Tabarrok “Sex Redistribution and Disability” Marginal Revolution, May 5, 2018


セックスの再分配に関するロビン・ハンソンロス・ドウザットの論説にまつわる議論の中で,セックスと障害という問題が争点に上がっていないのに驚く。この問題は医療倫理に関する研究では活発な議論の的の一つとなっている。生命倫理学者のジェイコブ・アペルは2010年の医療倫理学誌(Journal of Medical Ethics)で次のように主張している。

著者が考えているように性的快楽が基本的人権だとすれば,身体的・精神的障害のせいで無報酬の成人との性的関係を持つことが不可能ないしほとんど起こりそうにない個人のために,売春の法による禁止には狭い例外を作るべきである。

(略)改革が強く必要とされている第二の領域は,アメリカの介護施設,精神病院,グループホームにおける「ノーセックス」方針である。こうした施設の多くは,患者の部屋のドアをいかなる時にも開けておくことを義務付けており,秘め事は不可能も同然となっている。こうした制約の根底には,完全に健常で合理的な個人によるはっきりと表現された要望以外は,性的関係の最低限の同意基準を満たさないという前提がある。そうしたアプローチによって推進された原則は,施設に入れられた個人は施設の外で生活している個人よりも高度な保護を必要とするというものだ。これは確かに多くの物事については正しい。しかしながら,性的関係に関してはそうした「高度な」基準は,「現実世界」の同意基準に合わせることのできない個人の要望と利益を満たすにあたってはしばしば障害となる。

性的自由の「消極的権利」という概念以上に取り組むべきは,伴侶を見つけるには障害が重過ぎる,身体的障害が重すぎて自分自身で慰めることができない,のいずれかもしくは両方に当てはまるような障害者の性的快楽の「積極的権利」も認めるというものだ。ドイツ,オランダ,デンマーク,スイスといったいくつかのヨーロッパの国は,非営利団体による深刻な障害者のための限定的な「接触」サービスを許可している。

イギリスには,性労働者と障害者のマッチングを助ける慈善事業がある。デンマークやオランダでも同じようなサービスがあり,そうした国では性的な障害者サービスのために(多くはないものの)納税者の資金が使用されている。緑の党はそうしたサービスを他所へ提案している。

あるドイツの政治家は,深刻な障害を抱える人々が国家の負担で「性的介護」を受けられると示唆したことで議論を巻き起こした。

緑の党の高齢者・介護政策担当広報官であるエリザベート・シャルフェンベルクは,他のいかなる手段でも満足を得られない障害者に対する性的サービスのため,政府が「補助金を提供する」ことは可能であると述べた。

そうした制度はデンマークとオランダで現在実施されており,特別な訓練を受けて認証された「性的介護者」がお金のない障害者への訪問を行っている。

誰が何と言おうと,これは関係する人々にとって奥深い重要性を持った正当な問題だと思う。こうした問題を公の議論に持ち込む人が非難され,気色悪いなどと言われるのは不幸なことであると同時に間違いだ。改善できることだし,すべきだろう。


コメントを残す