経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「サージェントが語る『経済学の12の教訓』」

●Alex Tabarrok, “Tom Sargent Summarizes Economics”(Marginal Revolution, April 19, 2014)


ノーベル(経済学)賞を受賞した後、トーマス・サージェント(Thomas John Sargent)はアリーバンク(Ally bank)のCMの中で「インタビュー」を受けることになった。そしてインタビューでの質問1に対してシンプルに(そして正しく)「ノー」とだけ答えたのであった。このジョークは私が思っていた以上にずっと出来が良いものだと言えるのかもしれない。というのも、サージェントはこのインタビューを受ける数年前に非常にシンプルなスピーチを行っていたからである。2007年にサージェントはカリフォルニア大学バークレー校の卒業式に来賓として呼ばれたのだが、卒業生に向けたスピーチの中で経済学の教訓を語っている。そのスピーチの単語の数、何とたったの335ワード!

その大変優れたスピーチ(pdf)をとくとご覧あれ。

私がこのバークレー校を卒業したのはもう何十年も昔のことになります。非常に嬉しい気持ちで卒業の日を迎えたことを思い出します。しかしながら、正直なところ、来賓の方々のスピーチが長いなと感じたものです。そこで私のスピーチは手短に終わらせていただくつもりです。

経済学は選別された常識2の集まりだと言えます。この美しい学問が伝える貴重な教訓をリストアップすると次のようになるでしょう。

1. 仮に実現されたとしたら望ましいのだが(残念ながら)実現可能ではないという例は数多い。

2. 個人も社会もともにトレードオフに直面している。

3. 誰もが自らの能力や努力、好みについて他人よりも多くの情報を持ち合わせている。

4. 誰もがインセンティブに反応する。あなたが助けの手を差し伸べたいと考えている人たち3もその例外ではない。セーフティネットが必ずしも意図した通りの結果をもたらさないのはそのためだ。

5. 平等(公平)と効率の間にはトレードオフが存在する。

6. ゲームの均衡においては(あるいは経済が均衡に落ち着いている状況においては)人々は皆自らの選択に満足している。善意ある第三者がやって来て状況を変えようと試みても(いい方向/悪い方向のどちらであれ)なかなか事態に変化が表れないのはそのためだ。

7. 誰もがインセンティブに反応するのは今(現時点)だけに限られるわけではない。将来においてもまたそうである。約束したいという思いはあってもそうはいかない(約束できない)というケースがあるのはそのためだ。例えば、時間が経って約束を果たさないといけなくなった時にその通りに行動する(約束を守る)ことがその人の得にはならないとしよう。そのことが広く知れ渡っている場合、一体誰がその人の約束を信じるだろうか? このことから次のような教訓が導かれる。約束をする前に一旦立ち止まって次のように自問してみよう。(約束する時に想定していたのとは)状況が変わっても自分はその約束を守り抜く気はあるだろうか?、と。このことを実践していれば名声(reputation)4を手にすることができるはずだ。

8. 政府5や投票者もインセンティブに反応する。時に政府がデフォルトを宣言したり約束を反故にすることがあるのはそのためだ。

9. 次の世代(将来世代)に費用の負担を押し付けることは可能だ。国債(の発行を通じた財政赤字の埋め合わせ)やアメリカの社会保障制度(シンガポールの社会保障制度は別)などはそのための典型的な方法だと言える。

10. 政府による支出はいずれは国民がその費用を負担することになる。費用を負担するのは今日かもしれないし明日かもしれない。税金の支払いといったはっきりと目につくかたちでの負担となるかもしれないし、インフレーションを通じた目につきにくいかたちでの負担となるかもしれない。どういうかたちであれ、政府が行う支出はいずれは国民がその費用を負担することになるのだ。

11. 大半の人は公共財の供給や移転支出(特に自分が受け取る移転支出)に要する費用を他人に負担させたがるものだ6

12. 市場で成り立っている価格は多くの取引参加者の持つ情報を集約している。だからこそ、株価や金利、為替レートの今後の行方を予測することは困難なのだ。

このスピーチの存在に気付くきっかけをくれたNewmark’s Doorブログに感謝(Utopia–you are standing on itブログが一番最初にこのスピーチを発掘してきたようだ)。

  1. 訳注;「サージェント教授に質問します。2年後の定期預金の金利が何%か予想できますでしょうか?」 []
  2. 訳注;原語は”organized common sense”。トマス・ハクスリー(Thomas Huxley)の“Science is organized common sense”(科学は「組織化された常識」である)という言葉からきているものと思われる。事実によって反証されずに生き残ってきた(常識にヒントを得て考案された)理論の集まりというニュアンスを出すために「選別された」という訳をあてておいた。 []
  3. 訳注;社会的弱者 []
  4. 訳注;あいつは約束を守る奴だという評判 []
  5. 訳注;政治家や官僚など []
  6. 訳注;自分は費用の負担を逃れて他人にその費用の負担を押し付けようと試みるということ。いわゆる「ただ乗り」の問題。  []

Comments

  1. ミシガン大学のノア・スミスが批判的に検証していますね。http://noahpinionblog.blogspot.com/2014/04/not-summary-of-economics.html?m=1

    • コメントありがとうございます。ご指摘のノア・スミスのエントリーは本サイトでも近いうちに翻訳される見込みとなっております。ご期待に添えるような仕上がりとなるかはわかりませんが、何かお気付きの点がございましたらその旨お伝えいただければ幸いです。ともあれ、情報をお伝えいただき感謝いたします。

コメントを残す