経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「輸出制限のミクロ経済学」

●Alex Tabarrok, “The Microeconomics of Export Restrictions”(Marginal Revolution, August 20, 2013)


保護主義的な手段と言えば、関税や輸入数量割当といった輸入制限のかたちをとることが典型的である。輸入制限に比べると、輸出制限が実施されることも議論されることも少ないが、ここ最近天然ガスの輸出を制限しようとの提案が話題になっている。そこで輸出制限のかたちをとる保護主義がどのような効果を持つのか、ここでちょっと簡単におさらいしておくのも悪くないだろう。まずは、輸入制限の効果について振り返っておこう。輸入制限は国内の需要者(消費者)に対して損失をもたらす一方で、国内の生産者に対して便益をもたらすことになる。国内の需要者が被る損失と国内の生産者が手にする便益とを比べると、前者(損失)が後者(便益)を上回り、それゆえ輸入制限は差し引きすると社会全体で見て損失をもたらすことになる。この基本的な結論は輸出制限の効果についても同様に成り立つ。輸出制限は国内の需要者に対して便益をもたらす一方で、国内の生産者に対して損失をもたらすことになる。そして、国内の需要者が手にする便益と国内の生産者が被る損失とを比べると、後者(損失)が前者(便益)を上回り、それゆえ輸出制限は差し引きすると社会全体で見て損失をもたらすことになる。この分析を図を用いて説明したのが以下である。

ExportRestrictions3

(貿易が行われない場合の均衡価格と均衡数量は国内の需要曲線(Domestic Demand)と供給曲線(Domestic Supply)との交点から見出すことができる。図にあるように、世界価格(World Price;世界市場で取引される際の価格)と世界需要(World Demand)が貿易が行われない場合の均衡価格(Price w/no trade)を上回る場合、国内の生産者はこの財をQsだけ供給し、国内の需要者はこの財をQdだけ需要することになる。そして、国内の生産量(Qs)と国内の需要量(Qd)との差(Qs-Qd)が海外に輸出されることになる。ここで輸出制限が課され、財の輸出が一切認められなくなると、財の価格が(Price w/no tradeの水準まで)低下することになり、それに伴って国内の需要者が手にする便益(消費者余剰)は(A+B)だけ増加することになる。一方で、財の価格の低下に伴い、国内の生産者は(A+B+C)だけの損失を被ることになる。国内の需要者が手にする便益と国内の生産者が被る損失とを差し引きすると、輸出制限によって社会全体ではCだけの損失を被る結果となる。輸出制限によってCだけの純損失が生じる理由は、自由な貿易が認められていれば実現していたであろう財の販売が不可能となるとともに、世界の需要者よりもこの財を低く評価する国内の需要者へと財の消費がシフトすることになるためである。)

スピルオーバー効果やネットワーク効果などといった二次的な(second round)プラス効果の存在を論拠として輸入制限や輸出制限を支持する向きもある。確かにケースによってはそのような二次的なプラス効果が存在することは否定しないが、基本的な経済分析は二次的なプラス効果に依拠した輸入制限/輸出制限支持論には用心すべきだと要請することになる。(損失を補填するための)移転は政治的な抵抗に遭うのが常であり、また、(二次的なプラス効果の存在を論拠として輸入制限や輸出制限に支持を与え得るためには)二次的なプラス効果は輸入制限/輸出制限がもたらす(上で図を用いて説明した)一次的なマイナス効果を上回るほど十分大きなものでなければならないのである。


コメントを残す