経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジェームズ・ハミルトン 「小人閑居して不善を為す ~バイオレンス映画の(短期的な)犯罪『抑止』効果~」(2007年5月1日)

●James Hamilton, “Idle hands are the devil’s workshop”(Econbrowser, May 1, 2007)


カリフォルニア大学サンディエゴ校教授であり私の同僚でもあるゴードン・ダール(Gordon Dahl)とカリフォルニア大学バークレー校教授のステファノ・デラヴィーニャ(Stefano DellaVigna)の二人が共著で興味深い論文を物している。題して“Does Movie Violence Increase Violent Crime?(pdf)”(「バイオレンス映画は暴力犯罪を誘発するか?」)。

まずはじめにダールとデラヴィーニャの二人はアメリカで封切られたバイオレンス映画の観客動員数の推移に目を付け、その数が週ごとに大幅な変動を見せていることを確認した。二人の論文から拝借した以下のグラフをご覧いただきたいが、ここ最近の傾向としてブロックバスター映画(超大作映画)の最新作が封切られた週(公開第一週目)にはかなりの数の観客が映画館に足を運んでいることがわかる。

さらに二人はアメリカ国内における暴力犯罪(暴行罪と脅迫罪)の発生件数の推移に目を付け、この数もまた週ごとに大幅な変動を見せていることを確認する。もしかして・・・。ダールとデラヴィーニャの二人はピンと来た。両者(バイオレンス映画の観客動員数と暴力犯罪の発生件数)の間には相関があるのではないか、と。念のために確かめてみるとやはり両者の間には相関が確認されたが、おそらくその詳細は誰もが予想だにしないものであるに違いない。バイオレンス映画を観るために映画館に集まった人の数(観客動員数)が多い日ほど暴力犯罪の発生件数は――観客たちが映画館に滞在している可能性のある時間帯(午後6時から深夜12時までの間)においてだけではなくそれ以降から翌日の朝にかけての時間帯(深夜12時から午前6時までの間)においても――「少ない」傾向にあることが見出されたのだ。以上の関係は映画会社によるブロックバスター映画の公開予定日の決定に影響を及ぼすような一連の季節要因(その一連の季節要因は映画のバイオレンス度とは別の理由で暴力犯罪の発生件数と何らかの関係を持つと思われる要因)をコントロールした後も変わらず確認されるようだ。さらには、暴力犯罪を抑制する上で一番大きな効果を備えていると思われるのは最高度のバイオレンス度を誇る映画(kids-in-mind.comでの評価で8~10のバイオレンス度1と判定されている映画)ということのようだ。

ダールとデラヴィーニャの二人も件の論文の中で触れていることだが、従来の膨大な先行研究(実験結果)では正反対の(そして一見すると自然に思える)結論――暴力的なシーンの視聴は暴力行為を誘発する可能性あり――が導き出されている。しかしながら、ダールとデラヴィーニャの二人は怯むことなくこう指摘する。従来の研究では見逃されている要因がある。それは隔離(閉じ込め)効果だ、と。つまりは、映画館にいる間(映画館でバイオレンス映画を観ている最中)は路上でたかりを働くことなどできやしないのだ。さらには、暴力行為を抑制する効果は映画館を出た後も続くかもしれない。映画を観て過ごしたおかげ(アルコールが売られていない映画館で時間を過ごしたおかげ)でそうでない場合よりもアルコールの摂取量が減り、そのためにアルコールが原因で他人とトラブルを起こす危険性が抑えられる可能性があるからだ。映画の内容が暴力的であればあるほど、暴力行為に手を染めるおそれのある(気性の荒い)者たちが路上を離れて(バイオレンス映画を観るために)映画館に足を運ぶ可能性も高まる。ダールとデラヴィーニャの二人はそう理屈付けている。

ハリウッドには映画の中に血しぶきが飛び散るシーンをこれまで以上にドシドシ盛り込んでもらいたいものだ。・・・なんて結論を引き出したいわけではない。そうではなく、建設的な活動の機会を確保して暴力行為に手を染めるおそれのある若者たちをそこへドシドシ引き込むべしと言いたいのだ。そうすれば公共の利益に大いに適う可能性があるのだ。

  1. 訳注;0から10までの値をとり、数値が大きいほどバイオレンス度も高い。 []

コメントを残す