経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「21世紀に入ってノーベル賞受賞者を一番多く生み出している大学は?」(2015年8月6日)

●Tyler Cowen, “Stanford is the top producer of Nobel Laureates in this century”(Marginal Revolution, August 6, 2015)


どこかというとその答えはスタンフォード大学とのこと1。二位のコロンビア大学にはっきりとした差をつけての一位だ。ちなみに、ハーバード大学は11位。カリフォルニア大学サンタバーバラ校の方がMIT(マサチューセッツ工科大学)よりもランキングは上だ。オックスフォード大学からはノーベル賞受賞者は1人も出ていない2

ランキングはこちら。文学賞と平和賞は除外されている点に注意。

ノーベル賞受賞者の国籍別のランキングだと、アメリカがぶっちぎりの一位。イギリスが二位。日本を除くとアジアからはノーベル賞受賞者はほんの少数しか出ていない。

この情報を知らせてくれたMichelle Dawsonに感謝。スタンフォード大学の躍進(それも経済学の分野においての話)についてはつい先日も話題にしたばかりだ。あわせて参照されたい。

  1. 訳注;ランキングはノーベル賞受賞者がどの大学(ないは大学院)を卒業したかではなく、ノーベル賞受賞時にどの大学(ないしは研究機関)に所属していたかに応じて作成されている。2000年から2014年までの15年間にノーベル賞を受賞した研究者が対象。ちなみに、2015年度と2016年度のデータも加味した最新のランキングだと、プリンストン大学が一位の座を奪取しているようだ(スタンフォード大学は二位)。 []
  2. 訳注;オックスフォード大学の卒業生で21世紀に入ってノーベル賞を受賞した研究者は1人もいないという意味ではなく、ノーベル賞受賞時にオックスフォード大学に所属していた研究者は(21世紀に入ってからは)一人もいないという意味。 []

コメントを残す