経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『あなたは私のことをモノ扱いしてるのよ』 ~バレンタインデー当日のとある風景~」(2006年2月15日)

●Tyler Cowen, “Randian Valentine’s day rhetoric”(Marginal Revolution, February 15, 2006)


「あなたは私のことをモノ扱いしてるのよ」。

彼女はそう言い放った。

・・・(略)・・・彼女をモノ扱いする。彼女のことを僕の所有物のように扱う。それって一体どういうことなんだろうか? (自分の所有物に対するのと同じように)彼女のことに気を配り、一生懸命守ろうとする。赤の他人が手にしているモノなんかよりもずっと大事に扱う。そういうことになるんじゃないか?

自然と幸せな気持ちに傾きかけていたその時、彼女の顔を見て気付かされた。彼女の表情から判断するにどうやら僕みたいに幸せじゃないようなのだ。

あっ! そうか! 僕は間違っていたみたいだ。誰もが自己を所有しているのだ。誰もが自己の持ち主なのだ。その点は僕も彼女も同じなんだ。でも、まあそれはそれとして彼女のことをモノ扱いしているという点は受け入れるとしよう。まだ非常に重大な問題が控えているぞ。

そこまで考えを巡らせた末に僕はこう答えた。

「モノというけれど、みんなのモノ(公有財産)っていう意味? それとも誰か一人だけのモノ(私有財産)っていう意味?」

全文はこちらを参照。


コメントを残す