経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『ワックスかける! ワックスとる!』 ~曖昧さの効用~」(2013年3月19日)

●Tyler Cowen, “Why a coach should be ambiguous”(Marginal Revolution, March 19, 2013)


Jeffのブログより。

映画『ベスト・キッド』でのミヤギ先生の空手の指導法を覚えているだろうか? 「ワックスかける! ワックスとる!」。「次は塀のペンキ塗り。アップ。ダウン。アップ。ダウン」。「鼻から息を吸って口から吐く。呼吸を忘れてはいけない」。ミヤギ先生のお言葉だ。

指導者の指導者たるゆえんは教え子の成長を後押しするために何を教える必要があるかをとくと心得ているところにある。しかし、ここに一つの大問題がある。教え子の中でも早熟タイプの子弟もまた自分が何を教わる必要があるかをわかっていると(才能があるがゆえに当然のごとく)思っているのだ。

仮にミヤギ先生が弟子のダニエル少年に具体的で事細かな練習メニューを組んで空手を教えていたとしたら――「まずは(空手の基本となる)この手の動作を何度も何度も繰り返しなさい」といったように――ダニエル少年はすぐに異を唱えて「これ以外の動作も教えてください。早く次のステップに進んでください」と迫ったことだろう。ミヤギ先生が曖昧なアドバイスに終始したのは(具体的で事細かな練習メニューを組んでいたら避けられなかったであろう)ダニエル少年との悶着を避けるためだったのだ。

天性の才能に恵まれたアーティストの卵も基礎を学ぶ必要がある。しかしながら、基礎を学ぶのにどれだけの時間を費やすべきかをめぐって先生との間で意見が食い違うかもしれない。「これやっといて」といきなり何の説明もなしに課題を出せば教え子(であるそのアーティストの卵)は先生をどう評価しているかに応じてその言いつけに従うかどうかを決めることだろう1。その一方で、「基礎を一つずつ着実に学んでいかなければいけません。まずはこちらの基礎からはじめましょう。そのための課題がこれとこれです」と事細かな説明付きで課題を出せば教え子はその基礎の重要性を自分なりに判断し、その自己判断に応じて出された課題にどれだけ真剣に取り組むかを決めてしまうおそれがある。

  1. 訳注;「この先生は優れた指導者であり、どう指導するのが最善かをわきまえているに違いない」と高く評価している(一目置いている)のであれば言いつけに忠実に従い、「この先生は指導者として大したことない」と評価している(侮っている)のであれば言いつけに耳を貸さない(あるいは手を抜いて課題をこなす)。 []

コメントを残す