経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「コッラド・ジニ(『ジニ係数』の考案者)とファシズム」(2015年3月10日)

●Tyler Cowen, “Who was Corrado Gini?”(Marginal Revolution, March 10, 2015)


統計学が現代科学の仲間入りを果たしたばかりの時代に生を受けたコッラド・ジニ(Corrado Gini)――「ジニ係数」の考案者――は数字狂の一人だった。1925年・・・というとジニが「所得格差の計測」(“Measurement of Inequality of Incomes”)を著してから4年後ということになるが、1925年にジニは(ファシストの哲学者であるジョヴァンニ・ジェンティーレが起草した)「ファシスト知識人宣言」に(イタリア国内の統計学者としては只一人)署名している。そしてその直後には憲法改正研究諮問委員会の委員に選ばれている。ジーン・ガイ・プレヴォー(Jean-Guy Prévost)が『A Total Science: Statistics in Liberal and Fascist Italy』(2009年刊行)の中で詳らかにしているが、ジニの研究成果はムッソリーニ率いるファシスト体制と密接な結び付きを有しており、そのせいもあってファシスト体制崩壊後の1944年にジニはファシズム擁護のかどで裁判にかけられることになる。裁判が続く中、ジニはイタリア合併推進運動党の立ち上げに参加。イタリア合併推進運動党の目的はイタリアと米国の併合を成し遂げること。「イタリアと米国が一つの国に併合されることになれば、イタリアが抱える問題もすべて解決されることでしょう」。合併推進運動党の設立者であるサンティ・パラディーノ(Santi Paladino)はタイム誌の記者に対してそのように答えている(タイムズ誌は続けてこう報じている。「パラディーノの妻(フランチェスカ)は(ニューヨーク州ニューヨーク市の)ブロンクス区で24年間暮らした経験があるものの、パラディーノ自身はこれまでに一度も米国に足を踏み入れたことはない」)。しかしながら、ジニが合併推進運動党の立ち上げに参加した目的は別のところにあった。合併推進運動党に協力すればそれと引き換えに「反ファシスト」の称号が手に入るかもしれない。ジニはそう考えたのである。

全文はこちら(執筆者はジル・ルポール(Jill Lepore)。ロバート・パットナムの新著(『われらの子ども:米国における機会格差の拡大』)をはじめとしてその他数冊が書評の対象となっている)。目利きのケビン・ルイス経由で知ったものだ。勘違いしてほしくはないが、格差の計測に対する興味はファシズムと相性がいいといったようなことを示唆したいわけではない。意外な史実に興味を惹かれて紹介しておきたいと思っただけに過ぎない。コッラド・ジニについてはGoogleで検索すれば色々な情報が出てくるが、意外・・・でもないだろうが、ジニは優生学にも入れあげていた(夢中だった)ようだ。


コメントを残す