経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「チアリーダー効果 ~自分の魅力を高めるプロフィール写真とは?~」

●Tyler Cowen, “The cheerleader effect”(Marginal Revolution, December 4, 2013)


Gareth Cookのtwitter経由で知ったのだが、サイエンティフィック・アメリカン誌でシンディ・メイ(Cindi May)が「チアリーダー効果」に関する最新の研究成果を紹介している

Facebookやtwitterをはじめとするソーシャルメディアサイトをたまに利用しているか、あるいはeHarmonyやMatch.comといったオンライン出会い系サイトを熱心に利用しているかにかかわらず、ネット上で自分用のプロフィールを作成する際におそらく誰しもが次の問題に突き当たったことがあることだろう。それは、プロフィール写真としてどの写真を選ぶべきか? という問題である。自分の顔写真や自撮り写真を使うという場合が多いだろうが、娘や息子はたまた配偶者(夫や妻)の写真を使ったり自分の好きな言葉やシンボルを引用したりという場合もあるだろう。プロフィール写真を選ぶ際の目的が他人から魅力的に思われたいということにあるのだとすれば(正直なところ、そう思わない人がいるだろうか?)、友人と撮った集合写真を使うのが最善の策である。カリフォルニア大学サンディエゴ校で心理学を研究するドリュー・ウォーカー(Drew Walker)とエドワード・ブル(Edward Vul)がつい最新明らかにした研究成果によるとそう示唆されるのである。

友人と一緒に写った写真はあなたが愛想がよい人物で周囲から好かれているという事実を伝えることになるが、不思議なことに友人と撮った集合写真があなたの魅力を高める理由はそれとは関係ない。ウォーカー&ブルの研究によると、一人でいる場合よりも集団でいる場合の方がその人の顔が魅力的に見えるようになるというのだ。この視覚(知覚)への働きかけを通じて働く現象は「チアリーダー効果」として知られているものである。

チアリーダー効果が生じる原因は何なのだろうか?

ウォーカー&ブルが立てた仮説によると、「チアリーダー効果」は次の3つの相異なる視覚認知的なプロセス(visuo-cognitive processes)の相互作用を通じて生じることになるのではないかとのことである。まず第一に、点の並びや顔の集まりといった物体の集合を目にする時、我々の視覚システムはその集合全体の一般的な情報-例えば、集合に含まれる物体のサイズの平均(pdf)や位置の平均、そして個人個人の顔に表現されている感情の平均といった情報-を自動的に形成することが知られている。集合(集団)は数多くの個別の要素(個人)から成っているとしても、我々は個別の要素を一つの集合として認識し、集合全体に関する認識に基づいて何がしかの印象を形作る傾向にあるのである。

第二に、我々が集合全体から受ける印象はその集合に含まれる個別の要素をどう認識するかにも影響を及ぼすことになる。我々は個別の要素をそれ自体として認識するのではなく(その個別の要素を含む)集合と似た性質を持ったものとして認識する傾向にあるのである。つまりは、群衆の中に紛れた一つ一つの顔を認識する際、我々は個別の顔を群衆全体の顔の平均と似た特徴を備えたものとして認識する傾向にあるわけである。

そして第三に、我々は平均顔(平均的な顔)に大きな魅力を感じることが知られている(pdf)。様々な顔を平均して合成された顔はその基になった個別の顔よりもずっと魅力的な顔として評価される傾向にある。 ウォーカー&ブルも指摘しているように、ある個人の顔を集団の中に紛れ込ませることでその顔が集団の平均顔と似たものとして認識されるようになれば、その顔は一層魅力的に見える可能性がある。

ウォーカー&ブルが行った実験の一つによると、4人もいれば チアリーダー効果が生じるに十分であったとのことである。この結果はロックンロールに対して何かしらの意味合いを持っているだろうか?


コメントを残す