経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「マッドマンへの内からの抵抗」(2016年8月6日)

●Tyler Cowen, “Nuclear sentences to ponder”(Marginal Revolution, August 6, 2016)


・・・(略)・・・ニクソン政権期に政府高官が核兵器の使用にまつわる大統領の権限に抵抗しよう(あるいは大統領の権限をひそかに掘り崩そう)と試みた例は少なくとも2回はある。

一つ目の例は1969年10月に遡る。ソ連をおびえさせて「もしかしたらアメリカは北ベトナムで核兵器を使用するのではないか」と思わせたい。そのためにニクソン大統領は国防長官のメルビン・レアード(Melvin R. Laird)に対して核兵器をすぐにも使用できるよう高い警戒態勢を敷くように命じたのである(その中にはソ連の領空に向けて核兵器を搭載した爆撃機を送り込むことを求める命令もあった)。

スタンフォード大学で教鞭をとる核兵器の専門家であり『The Limits of Safety』(核兵器絡みのアクシデントをテーマとする一冊)の著者でもあるスコット・サガン(Scott D. Sagan)が語るところによると(pdf)、レアードはあれやこれやの言い訳(作戦や準備にまつわる細々としたこと)を持ち出して大統領の命令をどうにかして無視しようと試みたという。時間稼ぎをしているうちに(マッドマン(狂人)のフリをして「俺はいつだって核兵器を使う気でいるぞ」と世界中に信じ込ませよと説く)「マッドマン理論」を信奉する大統領も自分が下した命令を忘れてくれるだろう。レアードはそう願ったのである。

しかし、ニクソン大統領は我を通して命令を実行させた。サガンが語るところによると、軍事作戦(作戦のコードネームは「ジャイアント・ランス」) の最中に核兵器を搭載した数ある爆撃機(B-52)のうちの一機がアクシデント発生の間際ぎりぎりの危険なところまでいったことがあったという。

二つ目の例は1974年に起きた。ウォーターゲート事件で国内が揺れる中、その末期ともなるとニクソン大統領は深酒に溺れがちになっていった。そして大統領の側近の怖れが的中してニクソンは日ごとにますます情緒不安定になっていったのである。そこで前年(1973年)に国防長官に就任したばかりのジェームズ・シュレシンジャー(James R. Schlesinger)――彼はタカ派の冷戦戦士であった――は軍部に対して指示を出した。有事にまつわる大統領令(特に核兵器絡みの大統領令)は漏れなく一旦自分か国務長官のヘンリー・キッシンジャー(Henry A. Kissinger)のチェックを受け、二人のうちどちらかの同意が得られない限りは実行に移さないようにと軍部に指示したのである。

シュレシンジャーの指示は超法規的な措置であり、謀反と言えなくもない。しかしながら、大統領の側近の中でシュレシンジャーの指示に異を唱えた者は一人としていなかったのであった。

以上はニューヨーク・タイムズ紙の記事(執筆者はウィリアム・ブロードとデビッド・サンガーの二人)からの引用である。

(追記)タバロックが2008年にこちらのエントリー〔拙訳はこちら〕で同様の話題を取り上げている。


コメントを残す