経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「経済発展に関するレシピ本理論」

●Tyler Cowen, “The cookbook theory of economics”(Marginal Revolution, June 25, 2013)


「経済発展に関するレシピ本理論」というタイトルでフォーリン・ポリシー(Foreign Policy)誌に記事を寄稿したばかりなのだが、内容の一部を以下に引用しておこう。

まずはじめに世界的に広く知られているメキシコ料理や中華料理について考えてみることにしよう。この頃は大抵どの書店にもメキシコ料理や中華料理の優れたレシピ本が何冊か置いてあることだろう。なぜだろうか? アメリカ人がワカモレや炒め物に目がないというのもその理由の一つだろうが、他にも理由はある。ここには開発経済学の話題が大きく関わっているのだ。レシピ本というのはそれぞれの社会が商業化や大規模生産、生産プロセスの標準化に向けてどの程度歩みを進めているかをグルメの観点から照らし出す指標だと言っても過言ではないのだ。商業化に大規模生産、そして生産プロセスの標準化、――これらの要因はそれぞれの社会が経済発展を果たすためのレシピ(秘訣)に他ならない。

もう少しだけ引用しよう。

料理がどのような順を追ってその活躍の舞台を広げていくことになるかを考えてみよう。出発点は言うまでもなく家庭だが、しばらくするとレストランへと足をのばし、そしてやがてはレシピ本の世界へと歩を進めることになる。その過程では料理のレシピは家庭の中だけの口伝であったものから市販用の商品へと姿を変えることになる。家庭の中では料理のレシピは祖母から母へ、あるいは父から息子へと教え込まれる。あるいは単に料理の様子を眺めたり、手伝いをしたりすることで料理のレシピは代々受け継がれていくことになる。メキシコの片田舎に立ち寄った際にその様子をこの目で確かめたものだ。とある家で姉が妹にトルティーヤの正しいこね方を実演しながら事細かに教えていたのだ。しかし、社会が豊かになるにつれて――職業の特化(例.自動車整備士)が進むように――料理に特化したレストランがその姿を現し始めることになる。・・・レストランでは赤の他人――新たに雇われたコック――に料理を教えなければならない。誰でも容易に――それも必要な時にいつでも――調理できるように料理の調理法(や料理に使う材料)は可能な限り単純化・標準化されねばならない。そこでは当然レシピを記録する(書き留める)作業が必要になる。こうして一旦料理が商業の世界で花開くことになれば、次に出番を控えているのはレシピ本だ。

記事の最後は次のように結ばれている。

アダム・スミスの言う通りになっているかどうかを確認したいなら、近所の店でカホクザンショウや(タイ)バジルを手に入れてみればいい。そう、それこそが正真正銘の国富に他ならないのだ。

そうそう。料理の話題と言えば、私の次の本 『An Economist Gets Lunch: New Rules for Everyday Foodies』もお買い忘れなく。


コメントを残す