経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「計画している時が一番楽しい?」(2010年2月18日)/「休暇版幸福曲線」(2011年7月26日)

●Tyler Cowen, “Sentences to ponder”(Marginal Revolution, February 18, 2010)


幸福度の上昇幅が一番大きいのは(旅を終えた後ではなく)旅行の計画を立てている時。学術誌であるApplied Research in Quality of Lifeに掲載された論文でそのような研究結果が報告されている。来る旅行(休暇)について思いを馳せる行為こそが幸福度を高める最大の効果を備えているというわけだが、その効果は8週間は持続するという。

さらに詳しい情報はこちらを参照されたい。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Claims about happiness and vacations”(Marginal Revolution, July 26, 2011)


この種の研究結果はいくらか割り引いて聞く必要があるが、興味深いことは否定できない。

オランダにあるNHTVブレダ応用科学大学で研究するジェロエン・ナーウィン(Jeroen Nawijn)は「休暇版幸福曲線」の存在を探り当てた。長期休暇で旅に出てから最初の10%の時間にあたる局面では気分もこれ以上ないほど沈滞気味だが、しばらくして「コア局面」を迎えると――休暇の70%の時間は「コア局面」によって占められる――気分も高揚する。その後は気分もやや盛り下がるが、自宅に戻る前日になると再び気分は高揚する傾向にあるというのだ。

・・・(中略)・・・

オーストラリアにあるジェームズクック大学で研究するフィリップ・ピアース(Philip Pearce)はグレート・バリア・リーフ周辺にある島(南の島)に観光で訪れた旅行客を調査対象に選んだ。その調査結果によると、旅行客の気分は島を訪れてから2日目と3日目にとりわけ沈滞気味なことが見出されたという。どうやら体に不具合が出てくる――皮膚に発疹が出たり、疲れを感じたり、アレルギーが出たり、耳の感染症に罹ったり、喘息(ぜんそく)になったりする――のがちょうどそのあたり(旅の2日目と3日目)のようだ。

長期休暇(旅行)の最中に気分が乗らない理由は慣れない環境や文化の違いのせいばかりではないようだ。「自由な時間」それ自体も一枚噛んでいるようだ。オランダにあるティルブルフ大学で「生活の質」(QOL)を専門に研究するアド・ビンガーホエッツ(Ad Vingerhoets)は「自由な時間」が原因で気分が落ち込む現象を「余暇病」(“leisure sickness”)と命名している。「余暇病」の「患者」は仕事の最中には気分が沈むことは滅多になくとも週末や休暇になると気分が塞ぎ込みがちになってしまうという。


コメントを残す