経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「2016年度のノーベル経済学賞は誰の手に?」(2016年10月4日)

●Tyler Cowen, “Who will win the Nobel Prize in Economics this coming Monday?”(Marginal Revolution, October 4, 2016)


「今年は○○が受賞する」と予想して的中した試しはこれまでのところ一度として無いのだが(別の年に○○が受賞したという例はある)、今年も一応予想しておこう〔受賞者の発表は来週の月曜日、10月10日〕。二通りの候補を挙げさせてもらおう。

まず一つ目の候補として挙げたいのはウィリアム・ボーモル(William Baumol)だ(確か現在94歳のはずだ)。彼が提唱した「コスト病」仮説〔日本語版のウィキペディアはこちら〕は生産性が伸び悩んでいる(そのことを示す最近の実証的なデータとしてはこちらを参照)理由を理解する上で極めて重要な概念だ。「コスト病」仮説については奇妙なねじれもあるにはある。ボーモル自身は「コスト病」仮説が一番しっくり当てはまる部門として音楽とアートの分野を挙げたわけだが、どうやら音楽とアートは「コスト病」仮説との相性が一番悪い部門らしい(pdf)ということがそれだ。

ボーモルの貢献はその他にも広範囲にわたっているが、「コスト病」仮説に次いで重要な貢献はおそらくはコンテスタブル市場の理論(それにプラスして起業家論の研究)ということになるだろう。

次に二つ目の候補としては環境経済学の分野でウィリアム・ノードハウス(William Nordhaus)、パーサ・ダスグプタ(Partha Dasgupta)、マーティン・ワイツマン(Martin Weitzman)の三人の共同受賞の可能性を挙げたい。環境経済学の分野は「今年こそはこの分野から受賞者が出るのではないか」とずっと言われ続けてきている分野でもある。

「ウェブ・オブ・サイエンス」(“Web of Science”)の予想では論文の引用数のデータに照らした上でエドワード・ラジアー(人事経済学)、オリヴィエ・ブランシャール(マクロ経済学)、マーク・メリッツ(新々貿易理論)の三名の名前が挙がっている。他にもロバート・バロー(Robert Barro)、ポール・ローマー(Paul Romer)、バナジー(Abhijit Banerjee)&ダフロ(Esther Duflo)&クレマー(Michael Kremer)(の三名の共同受賞?)、デビッド・ヘンドリー(David Hendry)、ダイアモンド(Douglas Diamond)& ディビッグ(Philip Dybvig)(の二名の共同受賞)、バーナンキ(Ben Bernanke)&ウッドフォード(Michael Woodford)&スヴェンソン(Lars Svensson)(の三名の共同受賞?)というのも十分あり得る話だ。個人的にはマーティン・フェルドシュタイン(Martin Feldstein)の受賞という可能性も捨て切れないでいる。彼が財政学の分野で手掛けた実証研究の数々は忘れてはならないし、他にも医療経済学のパイオニア(先駆者) の一人だということも頭に入れておきたい。また、彼はNBER(全米経済研究所)を盛り立てた立役者でもある。ダークホース(伏兵)を挙げるとどうなるだろうか? ジョゼフ・ニューハウス(Joseph Newhouse)(医療経済学の分野へのランダム化比較試験(RCT)の導入、ランド医療保険実験)というのはどうだろうか?

他にも候補は挙げられるだろう。あなたの予想はどうだろうか?


コメントを残す