経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

世界銀行eMBeDチーム「誰もが誤りを犯す:2017年ノーベル経済学賞を開発事業に生かす」

eMBeD “Everyone misbehaves: Putting the 2017 Economics Nobel Prize to work for developmentblogs.worldbank.org, 10 october, 2017


2017年のノーベル経済学賞がリチャード・セイラーの経済理論への心理学の導入という革新的業績に対して授与されたというニュースは,シカゴ大教授であるセイラーや「実践 行動経済学 健康,富,幸福への聡明な選択(原題:Nudge)」の共著者にとっての勝利に留まらず,行動経済学の知見を用いた世界中の政策にとっての勝利でもある。

ダニエル・カーネマンの(アモス・トベルスキーとの)判断と意思決定に関する研究は,彼に2002年のノーベル賞をもたらした。2002年のノーベル賞が行動経済学に対するもの,あるいは経済理論および研究における心理学の利用に対するものであるとするならば,今年2017年の賞は行動公共政策に対するものと言えるかもしれない。セイラーの主要な研究はトベルスキーとカーネマンの研究の拡張だが,特筆すべきことはこの研究を政策決定にまで拡張したことだ。セイラーのおかげで,行動経済学はすべての人々にとって便利なものになった。とある人が書いたように,「今や我々はみな行動経済学者だ。」 [Read more…]

タイラー・コーエン「ノーベル賞はリチャード・セイラーに」

Tyler Cowen “Nobel Prize awarded to Richard ThalerMarginal Revolution, October 9, 2017


この授賞は納得だね。これは行動経済学,経済的意思決定における心理学の現在の重要性,そしてキャス・サンスティーンとの共著による彼の名高いベストセラー「実践 行動経済学 健康,富,幸福への聡明な選択(原題:Nudge)」への授与だ。

セイラーに関する過去記事はこちら。僕らはこれまでも彼の研究を何度も取り上げてきている。彼のTwitterアカウントはこれグーグルスカラーはこちらノーベル賞の記者発表はこれで,ここにはたくさんのエッセイや諸々も載っている。キャス・サンスティーンによるセイラーの業績の概説はこちら

多くの人は知らないかもしれないけど, [Read more…]

アレックス・タバロック「リチャード・セイラーがノーベル賞を獲得!」

Alex Tabarrok “Richard Thaler Wins Nobel!Marginal Revolution, October 9, 2017


リチャード・セイラーが行動経済学によりノーベル賞を受賞した!非常に素晴らしいというだけでなく,私の人生をより快適にしてくれる決定だ。その理由を読者諸兄もおそらくは知っているだろう。というのも,みんながどれだけ定年のために貯蓄をするか,どのように税金を払うか,腎臓をドナー提供するかどうかは,彼の業績の影響を既に受けている可能性があるからだ。イギリスでは,セイラーの業績は行動経済学を公共政策に応用しているBehavioral Insights Teamの着想の基ひとつとなった。2010年にこの団体が設立されて以降,アメリカを含む多くの国で同様の団体が結成されている。 [Read more…]

タイラー・コーエン「今年のノーベル経済学賞の受賞者は誰?」

●Tyler Cowen, “Who will win Monday’s Nobel Prize in economic science?”(Marginal Revolution, October 7, 2017)


以下はウォールストリートジャーナルより。

トムソン・ロイターから独立したクラリベート・アナリティクスは,研究論文の引用数に基づいてノーベル賞を受賞する可能性のある候補のリストを作成している。そのリストに今年新たに加わったのは,カリフォルニア工科大学のコリン・カメラーとカーネギー・メロン大学のジョージ・ローウェンシュタイン(行動経済学と神経経済学に関する先駆研究),スタンフォード大学のロバート・ホール(労働者生産性の分析,景気後退と失業に関する研究),ハーバード大学のマイケル・ジェンセンとMITステュワート・メイヤーとラグフラム・ラジャン(企業融資における意思決定局面に対する着目への貢献)だ。

クラリベートのリストには,ほかにも数十名のノーベル経済学賞候補の名前が挙げられており,ドナルド・トランプ大統領がFED議長への任命を検討していたと言われている金融政策の研究者であるジョン・テイラー,経済成長の専門家であり,世銀のチーフエコノミストであるニューヨーク大学のポール・ローマー,ロナルド・レーガン時代の大統領経済諮問委員会委員長で,年金,税などの財政分野について研究を行っているマーティン・フェルドシュタイン,気候変動について研究しているイエール大学のウィリアム・ノードハウス,生産性について研究している ハーバード大学の デイル・ジョルゲンソン,経済成長について研究しているハーバード大学のロバート・バロー,元IMFチーフエコノミストであるピーターソン国際経済研究所のオリビエ・ブランシャール,行動経済学を研究しているシカゴ大学のリチャード・セイラーなど,アメリカの経済学界の著名人もそこには含まれている。

大恐慌に関する研究業績から,過去には元FED議長であるベン・バーナンキの名前も過去に挙がったことがあり,バーナンキの古くからの共同研究者であるニューヨーク大学のマーク・ガートラーもクラリベートのリストに記載されている。法と経済学の関係についての研究家であり,最近連邦裁判所判事を引退したリチャード・ポズナーもまたリストに含まれている。

僕の予想は当たったことがないけど1 ,今年はウィリアム・ノードハウス(「環境会計」)とマーティン・ワイツマン(気候変動とリスクの経済学)と予想しよう。

  1. 訳注;2015年の予想(拙訳)と2016年の予想(hicksianさんによる訳) []

タイラー・コーエン「2016年のノーベル経済学賞受賞者オリバー・ハートとベングト・ホルムストロム(2/2)」

●Tyler Cowen “Bengt Holmström, Nobel Laureate” (Marginal Revolution, October 10, 2016)

(訳者注:本記事はホルムストロムについての紹介となります。共同受賞者であるハートについてはこちらをご参照ください。)


ベングト・ホルストロムのホームページはここで、彼のCVや簡単な経歴、研究論文へのリンクが掲載されている。Wikipediaの彼のページはここ。彼は長い間MITで教鞭をとっているけれど生まれはフィンランドで、契約や産業組織論において最も有名で影響力のある経済学者の一人だ。スウェーデン中銀による紹介文はここ動画による説明はここ。彼が民間部門における自分の経験からいかに影響を受けたかついてのナイスな説明はここから読める。彼についてのちょっと変わった紹介としてお勧めしておきたい。

彼が研究を行ってきた重要な問題の一つは、どのようなときに強い動機付けを行い、どのようなときには動機付けを弱めるべきなのかというものだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン「2016年のノーベル経済学賞受賞者オリバー・ハートとベングト・ホルムストロム(1/2)」

●Tyler Cowen “Oliver Hart, Nobel Laureate” (Marginal Revolution, October 10, 2016)

(訳者注:本記事はハートについての紹介となります。共同受賞者であるホルムストロムについてはこちらをご参照ください。)


ハートの一番有名な論文は、1986年のグロスマンとの共著「所有権の費用と便益(The Costs and Benefits of Ownership.)」だ。これは同じくノーベル経済学賞を受賞したロナルド・コースとオリバー・ウィリアムソンの業績の拡張にあたる(一つの分野にノーベル賞多いなあ…)。

そもそもなぜある主体は別の主体の資産の残余コントロール権を買うのだろうか。 [Read more…]

メンジー・チン「選挙と資産価格」

●Menzie Chinn, “Elections and Asset Prices” (Econbrowser, October 8, 2016)


米ドルに対するメキシコペソの価格と、市場評価によるドナルド・トランプが大統領選で勝利する確率の間の興味深い相関について、ニューヨーク・タイムズ紙上でクラインズが指摘している。 [Read more…]

アレックス・タバロック/タイラー・コーエン「ノーベル経済学賞はアンガス・ディートンが受賞」

Alex Tabarrok “Angus Deaton wins the Nobel“(Marginal Revolution, October 12, 2015)

プリンストン大学のアンガス・ディートンがノーベル賞を受賞した。世銀と協力しつつ、ディートンは途上国に関するデータを拡大するのに非常に大きな役割を果たしてきた。読者諸兄が世界の貧困が史上初めて10%を下回ったという記述を目にして、それをどうやって把握したのかをということを知りたいのであれば、その答えはディートンによる家計調査、データ収集、厚生の計測だ。ディートンの主要な貢献は、世界の貧困についての理解と計測だと私は考えている。

厚生の計測は言うは易し行うに難しだ。 [Read more…]

スタンレー・フィッシャー「ユーロ圏の過去、現在、将来における課題」

Stanley Fischer “Past, Present, and Future Challenges for the Euro Area” (At the ECB Forum on Central Banking conference “Inflation and Unemployment in Europe”, Sintra, Portugal, May 21, 2015)


中央銀行に関するECBフォーラムに参加することができたのは光栄であり、嬉しく思います。ドラーギ総裁をはじめとするECB理事会の委員の方々のご招待に対し御礼を申し上げます。1 この会議のトピックはインフレと失業ではありますが、私はECBとユーロ圏が過去に直面し、将来に直面するかもしれないいくつかの過去、現在、将来の課題を議論するという別の観点からお話しさせて頂きたいと思います。

私のテーマはジャン・モネから拝借しています。彼は1976年に次のように書いています。「ヨーロッパは危機の中で鍛え上げられ、それら危機のために採用された解決策の足し合わせとなるだろう」2 この言葉は、ルイージ・ギソ、パオラ・サピエンツァ、ルイージ・ジンガレスの最近の論文によって議論されており、モネの論点に対する彼らの見解は「モネの誤り?」3) というその論文の題名から察しうるものです。同様の言葉は、2003年にジャック・シラク、2010年には元ECBチーフエコノミストのオトマー・イシングも述べています。4 私がこの効果に関する言説を聞いたのは、2011年のジャクソンホール会議におけるジャン=クロード・トリシェが初めてでした。5 [Read more…]

  1. 原注1;連邦準備制度理事会のBrian Doyle, Jane Haltmaier, Stacey Tevlin, Paul Woodの助けに感謝する。述べられている見解は私自身のものであって、必ずしも理事会や連邦公開市場委員会ないし連邦準備制度のそれではない。 []
  2. 原注2;Jean Monnet (1976), Memoires (Paris: Fayard)を参照。 []
  3. 原注3;Luigi Guiso, Paola Sapienza, and Luigi Zingales (2015), “Monnet’s Error?” NBER Working Paper Series 21121 (Cambridge, Mass.: National Bureau of Economic Research, April []
  4. 原注4;2003年のテレビインタビューにおいて、シラクは「いつであれ危機が起きた時は、我々はより強いヨーロッパと共にそこから抜け出してきた。」と述べている。TF1 and France2 (2003)”Excerpts of TV Interview by President Chirac to TF1 and France2, March 10″ を参照。2010年11月、(当時ECBのチーフエコノミスト兼理事会委員であった)イシング博士はパヴィア大学経済学部における国際経済統合に関する名誉学位授与の際にスピーチを行った。彼は「結局のところ、いわゆる「ヨーロッパ」というものは、多くの危機を潜り抜けてきており、概してその一つ一つの危機からより強くなって抜け出してきた。」と述べた。Professor Otmar Issing Address,” in “Otmar Issing: An Economist and Architect of Supranational Institutions (PDF),” Leaving the Board introduction by Guido Montani, Il Politico (University of Pavia, Italy), no. 1, p. 22. を参照。 []
  5. 原注5:一年後、2012年のジャクソンホール会議で、私は次のようにジャン=クロードを引用した。「ヨーロッパプロジェクトは進行中のプロジェクトです。これは通貨同盟に至るという特定の目標を持って立ち上げられたのではありません。私たちは開始以降次から次へと危機に見舞われれました。このプロセスの各段階において、私たちはアメリカ人から同じ話を聞いてまいりました(中略)「お前らヨーロッパ人は決断の仕方を知らないな。お前らはいつも遅い。ヨーロッパに電話したいときは何番を押せばいいんだ?この夢は失敗に終わる運命なんだよ」と。私たちは毎回この話を聞いてきましたし、私たちは遅かった。しかし結果としてみれば私たちはあらゆる危機からより強くなって抜け出してきました」最近私はジャン=クロードに話しかけ、これが2011年に彼の言ったことであるかどうかを確かめてもらった。彼は肯定したが、自分が「私たちは遅かった」と述べたことには疑いを呈した。というのも彼は大抵「私たちは大胆だった」と述べるからだという。 []

アレックス・タバロック「ジョン・ナッシュよ、安らかに」

Alex Tabarrok “John Nash, RIP” (Marginal Revolution, May 24, 2015)

ジョン・ナッシュとその妻が昨日交通事故で亡くなった。

CNN:1994年にノーベル経済学賞を受賞したナッシュは、ゲーム理論における業績とともに、私生活における妄想型統合失調症との闘いによって知られている。彼の人生談はラッセル・クロウとジェニファー・コネリーがナッシュ夫妻として主演した2001年のオスカー賞受賞映画「ビューティフルマインド」に着想を与えた。

ナッシュの27ページの論文は最終的に彼にノーベル経済学賞をもたらした。ナッシュの論文は、フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンの協力的で交渉型解決のゲーム理論を、各プレーヤーが自己利益のために行動すると仮定した非協力的解決に拡張し、それによってこの理論を経済学、ビジネス、政治学、さらには動物行動と進化の理論にさえ恐ろしいほど関連するものにした。

ナッシュのゲーム理論における業績のさらなる背景はここ。ここにあるPBS1 のドキュメンタリー「ビューティフル・マッドネス」のサイトには、多くのインタビューと彼の業績と影響に関するさらなる解説がある。

  1. 訳注:米公共放送サービス []