経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

フランシス・ウーリー「初級経済学の試験に挑戦,ただし60年前の」

Frances Woolley “Could you pass a 1950s Econ 1000 exam?Worthwhile Canadian Initiative, March 29, 2018


経済原則の期末試験は,知らず知らずのうちに経済学という学問の核となる部分の一覧となっている。こうした試験問題は,経済学の基盤となる概念を問うように作られており,そうした概念は経済分析の基本となるアイデアだ。

というわけで,期末試験問題集と解答付のクリフォード・L・ジェームズ の「経済学の原則」(初版は1934年,参照したのは1956年の第9版)を手に取ったときに試験問題をスキャンしておいた。スキャンデータはのダウンロードはこちらから。私としては,経済学のという学問の60年前の基本原則と,それがどのように変わったかを知りたかったのだ。

数十年後の今も変わらないことの一つは,経済学が希少性と資源配分の問題から始まるということだ。

1.「豊富な経済」において,人々の欲求を満たす物とサービスは需要に比して希少に留まる。(正/誤)
2.生産における顕著な増加は,アメリカ経済における配分問題を完全に解決する。(正/誤)

希少性は避けることができない。人々は常にトレードオフに直面している。とはいえ,「豊富な経済」というのがどんなものであるかが分からない状況では,問題1の答えは「正」ではないかということもありえる。

1950年代では,希少性と資源配分は全く異なったツールで分析されていた。当時のアプローチはより制度的で,それは次の問題を見るとよく分かる。 [Read more…]

タイラー・コーエン「学会って意味あるの?」

Tyler Cowen “What is the real value of academic conferences today?” Marginal Revolution, March 8, 2018


読者の一人,RVから質問があった。

ワーキングペーパーやインターネットのおかげで今やっている研究について広めることが非常に簡単になった現在,学会の実際の価値についてどう考えてますか。キャリアの中盤に差し掛かっていて,どう見ても間違いなくスーパースター研究者ではない経済学者である自分の感覚としては,学会とは実際のところ,院生時代やキャリアの初期の頃の友人と一緒に時間を過ごす機会を買うというような大部分社会的なものだと思っています。

[Read more…]

スコット・サムナー「日本は金融緩和をしていない,緩和が必要なのだ」

Scott Sumner “Japan doesn’t have easy money, but it needs itTheMoneyIllusion, March 4, 2018


金融政策にまつわる混乱については,時にやれやれと頭を振るしかないことがある。

日銀は2%のインフレ目標を設定している。インフレ率は少々上がっているものの,依然として目標には程遠い。もっと重要なのは,市場における指標は今後日本が2%目標を達成する見込みが薄いと示しているということだ。したがってこんな話はまったく意味が分からない。

「日銀政策委員会としては,2019年度頃には物価が2%に達すると見込んでいる。そうなった場合,出口について検討と議論を行うことに疑いはない」と黒田東彦日銀総裁は述べた。

誰か説明してくれないか?どうしてインフレが近いうちに2%に達するなんて日銀は考えているんだ?10年物国債の利回りは今のところゼロに近い。アメリカでは2.9%だというのに。

長引く緩和が銀行の利益を圧迫しているため,一部のアナリストは,2%の目標は20年もデフレに苦しんでいる国にとっては高すぎる水準であるとして,インフレが2%に達する前に金利を引き上げることを日銀に求めている。

インフレが2%に達する前に日銀が政策を引き締めても,1~2年の間に政策金利を再びゼロ%まで引き下げざるを得なくなることだろう。

追記:ここの表を私が誤読していないか誰か教えてくれないだろうか。ドルの先物ディスカウントの相場はベーシスポイントだろうか。この表では30年先物ドルがたった50円で取引されているということを示しているのだろうか。

デビッド・ベックワース「パウエル議長が金融政策ルールに言及」

David Beckworth “Fed Chair Jay Powell on Monetary Policy Rules” Macro Musings Blog, February 27, 2018


本日2月27日,ジェイ・パウエルはFed議長としての初めての議会証言に臨んだ。それに加え,彼はFedの金融政策年次報告書を議会に提出した。彼の議会証言,それに続く質疑応答,そして年次報告書の論点は多岐にわたる。ここでは彼の証言のうち非常に興味深く,かつ重要なものともなりうる部分について取り上げてみたい。というのは,ジェイ・パウエルは金融政策ルールを承認(endorsement)したのだ。

議会証言録によれば,彼は次のように発言したとされている。 [Read more…]

エガートソン他「マイナス名目金利の金融政策」

Gauti Eggertsson, Ragnar Juelsrud, Ella Getz Wold” Monetary policy with negative nominal interest ratesVOX.EU, January 31, 2018

マイナス金利のマクロ経済上の役割について,経済学者の見解は分かれている。本稿では,預金金利の名目ゼロ下限のせいで,マイナスの政策金利がこれまでのところ家計や企業が直面している預金金利に対して非常に限られた影響しかもたらしておらず,またこの預金金利の下限が貸出金利への波及の減少も引き起こしているようである。マイナス金利にはしたがって総需要を刺激する効果はないように思われる。 [Read more…]

バスカー&シムコ―「バーコードの普及と経済効果」

Emek Basker, Timothy S. Simcoe “Upstream, downstream: Diffusion and economic impacts of the universal product codeVOX.EU, January 18, 2018

1990年代と2000年代におけるアメリカの小売業の急速な成長は,ICTによって加速させられた。本稿では,ユニバーサル・プロダクトコード1 とスキャナーの採用を地理的に見ることで,バーコードがそうした成長の主要な原動力の一つであったことを示す。バーコードを採用した企業は10%多く従業員を雇用し,より幅の広い製品を提供し,国外から調達する可能性が高かった。 [Read more…]

  1. 訳注;アメリカで用いられている製品コードの規格。UPC []

マイケル・ブライアン「ヤップ島のお金」(2004年2月1日)

Michael Bryan “Island MoneyFederal Reserve Bank of Cleveland, February 1, 2004

南太平洋のちいさな群島では,非常に驚きの「お金が」使われており,しばしばそれについて教室内の議論で言及される。本稿では,ヤップ島の石のお金について詳しく検討し,そうしたお金の特異な形態が私たち自身のお金について何を教えてくれるかについて問う。


同じくらい目を引くのはヤップ島の(略)土着のお金で,見かけは大きな石英の結晶のような石だ。(略)我々が知ったところによると,ある石は(略)直径3メートル超,重さ4.5トンある。こうした尋常ならざる石は所有者の家の前に置かれ,その人の重要性と富はその人が設置できる「ドル」の数によって表される。

J. R. ルハント「エスピーグル号報告書」1883年10月10日1

経済学者は自身の経済モデルを説明するのに,特定の選好と性質をもった島民が住む想像上の島におけるおおむね孤立した単純な市場での取引についての物語を語るのを好む。こうした「島の経済」は,経済学業界ではほとんど定番となっている。

本稿では,南太平洋のちいさな群島であるヤップ島のユニークで興味深いお金について考えることで,この寓話を根底から覆えすことにする。 [Read more…]

  1. 原注1;Gilliland (1975) []

タイラー・コーエン「本の書き込みはどうすべき?」

Tyler Cowen “How should you take and write notes in books?Marginal Revolution, February 3, 2018

訳者注:本エントリに関連して「大著の読み方」(拙訳)というのもありますので,ご興味あらば。


こんちわ!
本を読んでるときにノートを取るやり方なんかはある?本の重要な部分をクリッピングするとか。それとも読んだだけでハイお終いって感じ?

マシュー E.

(訳注:上記の読者からの質問と)同じ週にWilliam D. からもメッセ―ジがあった。

(前略)読んでる本にどうやってメモ書きしたりマーカーを引いたりしていますか。これは僕の教官(教科書は再読の際の完全性を保つために真っ新に保っておくべき派)と僕(教科書の理解や目的の部分を探すのにメモ書きが役に立つ派)で活発な議論をしてる際にこれが問題となったんです。教科書に書かれた過去のメモによって再読が妨げられるとおもいますか,それとも便利になると思いますか。自分としてはどっちとも判断がつきません。教科書に依るんでしょうか。

僕のやり方は簡単,だけど洗練されたものじゃない。 [Read more…]

メンジー・チン「ジャネット・イエレン:真の公の奉仕者」

Menzie Chinn “Janet Yellen: A True Public Servant” Econbrowser, February 2, 2018

本日(2月2日),ジャネット・イエレンがFed議長としての任期を終えた。

画像元: Federal Reserve

[Read more…]

タイラー・コーエン「モロッコに関するあれこれ」

Tyler Cowen ”Thoughts about MoroccoMarginal Revolution, December 31, 2017


1 フェズはたぶん古代末期時代との連続的つながりを世界一はっきりと感じられる場所だ。モーシェ・ベン=マイモーンやイブン・ハルドゥーンはこの街で働いたが,フェズのメディナ1 を歩けば,そうしたことが簡単に実感できる。ベン=マイモーンの家で食事をすることもできるのだ2 (おすすめ。ほとんどが野菜料理)。フェズには西暦859年から続く世界で最も古い大学があるほか,継続して運営されているものとしては世界で最も古い図書館もあり,これは1359年からのものだ。 [Read more…]

  1. 訳注:旧市街。モロッコの各都市にあるが,フェズのメディナは歴史の古さ,規模,複雑さで群を抜いている。 []
  2. 訳注;本当にベン・マイモーンの家だったのかはわからないが,Chez Maimonideというレストランがある模様。メディナのメイン入口近くのレストラン密集地区の観光客向けローカル料理店といった感じっぽい。 []