経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョン・コクラン「イエレン議長を振り返る」

John Cochraine “Yellen Retrospective” The Grumpy Economist, November 2, 2017


本日の新聞報道によれば,トランプ大統領はジャネット・イエレンの後任としてジェローム・パウエルをFed議長に任命することを決定した。

Fedの責務は「雇用最大化,価格の安定,長期金利の安定を促進する」ことだ。彼女の任期におけるこれらの結果について,イエレン女史は胸を張って良いだろう。

全都市消費者物価指数(除食料及びエネルギー)

文民失業率

10年物財務証券満期利回り

これら3つの変数すべてが過去50年において最良となっている。私を含め,多くの人が多くのことについてFedに文句を言うが,Fedに課せられた責務に関していえば,彼女が上の3つのチャートを次の職場の壁に飾るのを咎める人はいないだろう。

イエレン女史が特段課題に見舞われることがなかったと言う人もいるかもしれない。大統領が戦時において試されるがごとく,Fed議長は出来事によって試されるというわけだ。イエレン女史が不況や金融危機に見舞われることはなかった。この晩夏の静けさ漂う景気循環の中で,彼女の仕事の大部分は何もしないこと,そして彼女に大きなことをさせようとする人々の呼びかけに抵抗することだった。Fedの主要なツールであるフェデラルファンド・レートはほとんど動かなかった。

実効フェデラルファンド・レート

彼女が何もしなかったというのは正しいが,彼女は状況をめちゃくちゃにすることもなかった。金融政策の歴史の多くは凡ミスで構成されており,うまく業績を上げてきたわけではない。歴史的には,中央銀行家は晩夏のような景気循環の時に過剰ないし過少に反応してきた。緊縮・緩和を問わず,劇的な行動をとるよう大きな声で求める人がいないということもなかった。Fedが株式と住宅価格を操作すべきという「マクロプルーデンス政策」という誘惑の声はとりわけ強かった。彼女の前任であるベン・バーナンキは,2008年の危機と不況に対するFedの対応,そして2007年に危機が来ることをFedが見通せなかったという失敗について,彼女よりもはるかに多くの紙幅を割かれるだろう。状況をめちゃくちゃにしなかったということが歴史において大きな位置づけを与えられることはないが,おそらくはそうした位置づけを与えられるべきだ。

金融政策について,そしてより重要な問題である(と私が考えている)Fedの金融規制についての各人の考えはどうあれ,トランプ大統領は彼女を再任命しないという伝統破りを行った。Fed議長が順当な仕事を行った場合,彼あるいは彼女は再任されるという伝統はFedの独立性を保つための良い方策だ。この伝統がなくなってしまわないことを祈ろう。

イエレン女史の新たな旅立ちと,パウエル氏のFed議長就任に幸いあれ。

ジョン・コクラン「付加価値税」

John Cochrane ”VAT — full textThe Grumpy Economist, October 4, 2017


掲載から30日経ったので,ほかのすべての連邦税に代えて付加価値税を勧めるという趣旨でWall Street Journalに掲載した論説をここにも掲載しよう。前回のブログポストにはさらなる補足がある。
——————————————————————————————————

ジョン・H・コクラン
2017年9月4日東部標準時 2:38 pm

トランプ政権と有力議員たちはまもなく税制改革提案を明らかにするだろう。報道では,この提案には法人税と所得税の引き下げのほか,一部の税額控除の終了が含まれている。しかし,優遇された(あるいは冷遇された)集団に(あるいは集団から)所得を移転する手段として主に税法を捉える人々や,控除,特例,補助金を支持者に与える政治家たちの普通の利益によって真の改革は阻害されることが多い。

したがって物事が常の通りに動くならば,アメリカの複雑で機能不全な税法が大きく変わることは期待できない。しかし,この国の指導者たちが本当に抜本的な改革を行おうとしていたならば,彼らはこの政治的行き詰まりを打開することもできた。変化は有権者にとって簡単で分かりやすく魅力的なものでなければならない。そして規制改革を伴った抜本的な改革だけが経済成長を3%あるいはそれ以上に引き上げることができる。 [Read more…]

ジョン・コクラン「マクロ経済論議」

John Cochrane “Macro debates” (The Grumpy Economist, July 2, 2014)

(訳者補足:この記事に対しては、デヴィッド・グラスナーノア・スミスニック・ロウなどが反応している。後二者については別途時間が許せば訳す予定)


gdp_trend_wsj_2
以下はウォール・ストリート・ジャーナルに掲載された私の論説だ。下敷きとなっているのはニュー・ケインジアンの流動性の罠という論文なので、ニュー・ケインジアンモデルに関する主張についてもっと知りたい人はそちらを見てほしい。

ウォール・ストリート・ジャーナルはグラフをいらないと言ったのだが、グラフは要点をうまく説明してくれると思う。

というわけで以下が本文となる(いくつか削除した部分を戻したのと、タイポの修正を行った)。 [Read more…]

ジョン・コクラン「新着論文紹介」

John Cochrane “In Box“(The Grumpy Economist, February 17, 2014)

経済学者であるということの喜びの一つは、いくつもの素晴らしい論文が書類箱に届くということだ。それら全部を読む時間がないというのは酷く残念に思っている。NBER、SSRN、AEAの優待メーリングリストから今日届いたいくつかのものを紹介しよう。免責条項:まだ要約部分しか私は読んでいない。(NBERのワーキング・ペーパーを見ることが出来ない場合には、大抵Google検索で著者のページやSSRN上の無料版が見つかる。)


1.アメリカ経済成長の死:再主張、反論、再考 by ロバート・J・ゴードン(The Demise of U.S. Economic Growth: Restatement, Rebuttal, and Reflections by Robert J. Gordon)http://papers.nber.org/papers/W19895 [Read more…]

ジョン・コクラン 「三人のノーベル賞受賞講演とファイナンスのレトリック」

●John Cochrane, “Three Nobel Lectures, and the Rhetoric of Finance”(The Grumpy Economist, December 17, 2013)


本年のノーベル賞授賞式に出席できたことは、私にとって大きな喜びであり、名誉でもあった。授賞式はノーベル賞受賞講演から始まった。そしてそれは、極めて示唆に富むものであった。 [Read more…]

ジョン・コクラン: Mankiw on the 1%

Top1%を巡る論争からのスピンオフ。アメリカのトップ1%は成長の果実を(不当にも)独り占めも合わせてどうぞ。


John Cochrane, “Mankiw on the 1%“, The Grumpy Economist (6/18/2013)


John Cochraneはシカゴ大学ブースビジネススクール ファイナンス教授。株式市場、債券市場、外国為替市場など金融市場における価格形成、ボラティリティ、VCの利回り、流動性プレミアムの研究や株価と景気循環の関係など金融論および貨幣経済学を主な専門とする。カリフォルニア大学バークレー校よりPh. D. (経済学)取得。


グレッグ・マンキューが「トップ1%を擁護する」というタイトルの興味深い原稿を書いている1。しかし、実にタイトルが悪い。私が読んだ限り、もっと興味を引いた主なポイントは(トップ1%にフォーカスすることではなく)「所得移転は下層50%を本当に助けるのか?」だ。 [Read more…]

  1. 訳注:最終的な論文はこちら。 []

John Cochrane: ラジャン、インドの中央銀行総裁に!

John Cochraneはシカゴ大学ブースビジネススクール ファイナンス教授。株式市場、債券市場、外国為替市場など金融市場における価格形成、ボラティリティ、VCの利回り、流動性プレミアムの研究や株価と景気循環の関係など金融論および貨幣経済学を主な専門とする。カリフォルニア大学バークレー校よりPh. D. (経済学)取得。


John Cochrane, “Rajan to run the central bank of India“, The Grumpy Economist, August 6, 2013


私の同僚であるラグー・ラジャンがインド中央銀行総裁に任命されることになった。 Financial Times とReuters の記事を見てほしい。おめでとう、ラグー!

この決定に対する賛辞に二つばかり付け加えたい。

経済学の世界から中央銀行の総裁になるのは伝統的には金融政策の専門家だ。金利だとかインフレだとかそういったものを議論する人たちね。ところがラグーはファイナンスとバンキングについて研究してきた経済学者だ。かれの経歴を見ればわかるが、銀行がどのように機能しているかについて考察した素晴らしい論文を書いている。

そんな彼が中央銀行総裁に就任するのはちょうど良いタイミングなんだ。なぜなら各国の中央銀行はいまや危機を避けるためなどのためにバンキングと金融市場を理解しようと動き始めたところだからだ(あるいは人によっては、しばらくぶりに元の任務に戻っただけと言うだろう)。そしてこれらの分野について彼以上に明確にかつ多くのことを研究してきた人物をこの地球上に見つけることは難しい。

彼のルイージ・ジンガーレスとの人気の共著『セイヴィング キャピタリズム (Saving capitalism from the capitalists )』も示唆に富んでいる。うん、インドの(そして我々の多くが抱える)問題の中心は過剰な規制と腐敗にあることはラジャンも分かっている。でも、現在のシステムを機能不全に陥らせている強い政治的圧力があることも彼は理解している。中央銀行の総裁が直面している政治的圧力を理解し、抵抗できる人がいるとすれば、それはラグーだ。そして、彼ならインドのすべての問題を中央銀行が解決できるなんていう貨幣政策マジックや金融統制について考えようなんて思いもしないだろう。

彼はまた私が知りうる限り最も礼儀正しい人物であるが、同時に言うべきことは決して辞さない人物でもある。つまり、それは動きの遅い官僚機構を指揮するには私のような典型的に頓珍漢な学者よりもラグーははるかにうまく役割を果たすだろうってことだ。

グッドラック、ラグー。きっと君にはこれが必要だ。

FRBの総裁候補としてラグーが選択肢から消えたことが残念だと、ロイターが同様の見解を既に伝えている。