経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「アンティークはなぜそんなに安くなったの?」(2018年3月10日)

Tyler Cowen, “Why are antiques now so cheap? “(Marginal Revolution, March 10, 2018)

「アンティーク収集の全盛期に比べたら、現在の平均的な価格はその頃の80%オフです」とコリン・ステア氏、NYハドソン街にあるオークションハウスであるステア・ギャラリーの経営者は言う。「典型的なジョージ王朝様式の18世紀の家具、引出し付きチェスト、三脚テーブル、ペンブロークテーブル」はすべて15-20年前のほんの少しの値段だと。

これはニューヨークタイムズ紙のティム・マッコウ氏の言葉だが、記事には証拠がたっぷり載っている。いくつか私が仮説を立ててみよう。

1.eBayとインターネットは需要より供給を増やした。財産や屋根裏部屋の私物を売るのは以前よりずっと簡単になった。だが、このマーケットの潜在的な需要の伸びはそこまで大きくはなかった。「アンティークを実際に買って収集してもいいよ、時価より40%オフで僕の欲しい18世紀モノが見つかれば」というひともいるだろうが、もっと多くのひとは単に興味関心がまったくない。

2. さっきの記事は、多くの客は新しいモノに目が行っているということも示している。過去のモノに目を向ける姿勢は、根本的にいくらか変わったのかもしれない。ある時を境にしてほとんどのひとの美学の世界から存在しなくなったかのように。エルビス・プレスリーの記念品をどんな風に集めているかとか、或いはエルビスでさえ以前ほどアイコンとして扱われなくなったとかいうことにちょっと似ている。

多くの人々にとって、「英国アンティークは物悲しさと古臭さの象徴です」とニューヨークのインテリアデザイナーであるサッド・ヘイズ氏は言う。彼は最近、アンティークでいっぱいに飾られた家を空にして、現代風な部屋をデザインした。若者と高齢者の両方の富裕層顧客にだ。彼によると、現代的なデザインは「もっとずっと楽観的でポジティブなモノを象徴します」と。

3. 住宅事情が変わった。「より多くの家が、フォーマルなダイニングルームや書斎よりも、オープンコンセプトでカジュアルな空間を持つようになりました。風格のあるマホガニー材のダイニングテーブルや椅子、飾り棚の必要性が減ったのです」。

4. インターネットの美学は「古くて時代遅れなモノ」から人々を遠ざけた。インスタグラムの写真を見てみるといい。

他に何か?

タイラー・コーエン「グレーバーの新著『クソ仕事:その理論』」

[Tyler Cowen, “*Bull Shit Jobs: A Theory*“, Marginal Revolution, May 17, 2018]

デイヴィッド・グレーバーの愉快な新著のタイトルは『クソ仕事』だ.きっと,すでに小耳に挟んだ人もいるだろう.短い要約はこちら
[Read more…]

タイラー・コーエン「絵画を高価にするのは何だろう」(2004年5月17日)

Tyler Cowen, “What Makes a Painting More Valuable“(Marginal Revolution, May 17, 2004)

結果の多くは驚くものではない。明るい色彩のものは暗い色彩のものより、楽しそうな自画像は未亡人のものよりよく売れるし、横長のものは暖炉の上に掛けやすい。以下にいくつか他のことも述べよう。

  1. 風景画は、馬や人が前景に位置していると3倍も値が上がることがある。工場の姿があると通常、価格は下がる。
  2. 静物画は、果物のものよりも花のほうが価格が高い。バラは花の階級の中で最上位に位置しており、菊やルピナスの花(労働者階級のものと見なされる)は最下位だ。
  3. 動物にも階級がある。純血種の犬は雑種犬より絵画の価格を上げる。スパニエル犬はコリー犬より高値になる。競走馬は荷馬車馬より高値をつける。猟鳥について言えば、以下の経験則が成り立つ。仕留めるのが難しい鳥の絵ほど値が上がる。ライチョウはマガモよりも高値だ。そして動物の絵は、後姿ではなく、正面から描かれているのがいい。
  4. 水が描かれている絵は値を上げる。ただ、水面が穏やかなものだけだ。難破船など問題外。
  5. 丸や楕円形の形をした絵画はひどく人気がない。
  6. ブーシェの裸婦スケッチ画は、類似の男性を主題としたスケッチ画に比べて10倍の値がつく場合がある。

結論:買主は上流階級を反映する様式の美術品を好む。詳しくは2004年5月発行のThe Art Newspaper紙に掲載されている記事“Why some Pictures Go For More Than Others”を読んでほしい。

タイラー・コーエン 「『経済学と哲学』という名の講義を受け持つことになったとしたら・・・」(2004年5月5日)

●Tyler Cowen, “Economics and Philosophy reading list”(Marginal Revolution, May 5, 2004)


大学で「経済学と哲学」と名付けられた講義を受け持つことになったとしたらどんな文献をリーディングリスト(課題図書一覧)に加えたらいいだろうか? ブラッド・デロング(Brad DeLong)がこちらのエントリーでその腹案を開陳している。私ならデレク・パーフィット(Derek Parfit)の『Reasons and Persons』(邦訳『理由と人格』)もリストに差し込むことだろう。あとはジャン=ジャック・ルソーも追加するかもしれない。ルソーは『人間不平等起源論』の中で「富」(wealth)と「厚生」(welfare)とを同一視することに疑問を呈している。さらにルソーによると、市場社会は皆をして「承認欲求の罠」に追いやる――誰もが他者からの承認を追い求めるものの、リスかご(走ると回転するかご)の中を必死に駆けているのと変わらない(徒労である)ことにやがては気付かされる羽目になる――とのこと。次にパーフィットに話を転じると、「功利主義(あるいはより一般的に帰結主義)は果たして世俗的な(世人の直観に訴える)道徳観念とソリが合うだろうか?」とはパーフィットが提起している問いだ。経済学上の論の進め方(議論の立て方)の特徴をより深く理解するためにマクロスキー(Deirdre McCloskey)のレトリック論(『The Rhetoric of Economics』/邦訳『レトリカル・エコノミクス』)も学生に読ませたいところだし、一人ひとりの選択が抱える複雑さを例証するためにトーマス・シェリング(Thomas Schelling)の「複数の私」論もリストに加えたいところだ。「複数の私」論についてはパーフィットも一枚噛んでくることになるだろう。講義の期間が全部で25週に及ぶようなら、プラトンの『国家』も講義で使うことだろう。『国家』の中には後世になって提起された議論(の萌芽)が実にたくさん含まれているのだ。

そうそう。そう言えば、2年前に経済学と哲学がテーマの講義を受け持ったことがあったんだっけ。

——————————————————————————————————-
【訳者による補足】ブラッド・デロングが開陳しているリーディングリストもついでに掲げておくとしよう。

●ジャック・ル=ゴフ(Jacques Le Goff), 『Your Money or Your Life: Economy and Religion in the Middle Ages』(邦訳『中世の高利貸』)
●トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes), 『Leviathan』(邦訳『リヴァイアサン』)の中から適宜抜粋
●ジョン・ロック(John Locke), 『Second Treatise of Government』(邦訳『統治二論』)
●アダム・スミス(Adam Smith), 『The Theory of Moral Sentiments』(邦訳『道徳感情論』)
●アダム・スミス(Adam Smith), 『An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations』(邦訳『国富論』)
●ジェレミー・ベンサム(Jeremy Bentham), 『An Introduction to the Principles of Morals and Legislation』(邦訳『道徳および立法の諸原理序説』)
●ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill), 『On Liberty』(邦訳『自由論』)
●ハル・ヴァリアン(Hal Varian), 『Intermediate Microeconomics』(邦訳『入門ミクロ経済学』)の29章~35章1
●フリードリヒ・ハイエク(Friedrich Hayek), 『The Constitution of Liberty』(邦訳『自由の条件』)
●ロバート・ノージック(Robert Nozick), 『Anarchy, State, and Utopia』(邦訳『アナーキー・国家・ユートピア』)
●ジェームズ・ブキャナン(James Buchanan)&ゴードン・タロック(Gordon Tullock), 『The Calculus of Consent』(邦訳『公共選択の理論――合意の経済論理』)
●ジョン・ロールズ(John Rawls), “Justice as Fairness”(pdf)
●ケネス・アロー(Kenneth Arrow), 『Social Choice and Individual Values』(邦訳『社会的選択と個人的評価』)
●アマルティア・セン(Amartya Sen), 『Development as Freedom』(邦訳『自由と経済開発』)
●デイヴィド・ゴティエ(David Gauthier), “The Social Contract as Ideology
●ヤン・エルスター(Jon Elster), “The Market and the Forum: Three Varieties of Political Theory”, in Elster and Hylland(eds.), 『Foundations of Social Choice Theory
●バーナード・ウィリアムズ(Bernard Williams), “The Idea of Equality”, in Lasslett and Runciman(eds.), 『Philosophy , Politics and Society(2nd Series)
●アマルティア・セン(Amartya Sen), “Equality of What?”(pdf)
●スティーブン・シャベル(Steven Shavell), “Economic Analysis of Welfare Economics, Morality and the Law
●ティボール・シトフスキー(Tibor Scitovsky), 『The Joyless Economy』(邦訳『人間の喜びと経済的価値』)
●ウィリアム・ボーモル(William Baumol), 『Welfare Economics and the Theory of the State

  1. 訳注;時代的におそらく第6版を指しているものと思われる。 []

タイラー・コーエン 「反循環的な資産としての『資本論』 ~景気の悪化に伴って中国で『資本論』の売り上げが伸びているとか~」(2009年4月8日)/「至る所に市場あり ~マルクスの『資本論』がミュージカルに!?~」(2009年3月12日)

●Tyler Cowen, “China book fact countercyclical asset of the day”(Marginal Revolution, April 8, 2009)


人民出版社――中国政府が掲げる正統的なイデオロギー(革命思想)に沿う書籍の刊行を手掛ける中国最大の国営の出版社――の調査によると、「反資本主義」の書たるマルクスの『資本論』の中国全土での売り上げが昨年(2008年)の11月を境として月間で4,000~5,000部を記録するに至っているという。世界的な経済危機の煽りを受ける前までは『資本論』の月間の売り上げは1,000部を大きく下回るのが普通であったことを考え合わせると、かなり急激な勢いで売り上げが伸びていることになる。

人民出版社の販売部に勤める潘氏が語るところよると、数十年前であればほとんどすべての中国人が所蔵していた『毛沢東選集』の売り上げも昨年(2008年)の終わり頃から急速な伸びを記録しているという。

全文はこちら。情報を寄せてくれたRyan Tetrickに感謝。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Markets in everything China fact of the day”(Marginal Revolution, March 12, 2009)


面白いニュースが飛び込んできた。一体どんな仕上がりになるんだろうね。

日本で『資本論』が漫画化されてベストセラーを記録。そのことに感化されて中国の演劇関係者の間でマルクスの代表作を脚本としたミュージカルの制作が進行中らしい。

上海活劇芸術センター(Shanghai Dramatic Arts Center)の総支配人である楊紹林(Yang Shaolin)氏が文匯報(上海で発行されている日刊紙)の取材に対して語ったところによると、復旦大学の経済学部で教授を務める張俊(Zhang Jun)氏をはじめとした専門家の協力を得て『資本論』の舞台化を準備している最中とのこと。演出家は既に決まっているらしい。演出を担当するのは何念(He Nian)氏。ヒットを記録したアクションコメディ映画の『武林外传』を舞台化するにあたって演出を手掛けた人物だ。

アニメにブロードウェイのミュージカル、そしてラスベカスのショーを参考にそれぞれの要素を混ぜ合わせてマルクスの経済理論を今風で愉快で啓蒙的な劇へと変身させるつもり。何念氏はそのように意気込みを語っている1

情報を寄せてくれたRobert C.に感謝。

  1. 訳注;ミュージカルの予告映像はこちら。 []

タイラー・コーエン 「中国はマルクスに立ち戻りつつあるのだろうか?」(2018年5月11日)

●Tyler Cowen, “Is China moving back toward Marx?”(Marginal Revolution, May 11, 2018)


そして習近平(国家主席)と一緒になってマルクスのことを讃えるべきなのだろうか? ・・・という問いをブルームバーグに寄稿したばかりの拙コラムの中で考察している。社会主義陣営内部における思想論争についてもかなりのスペースを割いて論じているが、以下では記事の締め括りを引用しておくとしよう。

今後の中国で政治改革が進められたとしたらその行き着く先はマルクスが唱えたようなプロレタリア独裁ということになりそうだろうか? おそらくそうはならないだろう。しかしながら、こと中国のこれまでの歩みに照らすとなると、マルクスは今のところはまだその間違いが露呈せずにいる理論家の一人であることは間違いない。それとは対照的に、(予測が外れて)面目を失う格好となっているのは西洋の自由主義者1であり、マオイスト(毛沢東主義の信奉者)2なのだ。

今後の中国にとってよいお手本(あり得る選択肢)の候補となるのは西洋流の自由主義。あなたがそのような考えの持ち主のようなら、中国で高まるマルクス再評価の機運を目にして不快に感じるかもしれない。しかしながら、毛沢東主義について(毛沢東主義が中国の歴史において果たした役割について、毛沢東主義の強烈な土着主義的な起源について)少しばかり腰を落ち着けて考え直してみたら、そんなあなたもマルクスを讃える輪に加わってもいいと思うかもしれない。

是非とも全文に目を通されたい。

  1. 訳注;「中国で経済の自由化が進みそれに伴って国内が豊かになれば、共産党の一党独裁体制も崩壊して民主的な政治体制への移行が進むに違いない」というのが西洋の自由主義者の見立てだったが、今のところはその予測通りにはいっていない(共産党の一党独裁体制が今もなお続いている)。・・・というのがコーエンの評価。 []
  2. 訳注;「共産主義への橋渡し役となる社会主義革命は資本主義が高度に発達した段階(都市化や工業化が高度に進んだ社会)でこそ(産業資本主義の行き詰まりの結果として)起こる」というマルクスの予測に対して、毛沢東は共産革命の担い手を農民に求めた。ヨーロッパ各国のように都市化や工業化が進んでいない農業(農村)中心の社会でも共産主義への移行は可能だと訴えたわけだが、毛沢東が進めた大躍進政策にしても文化大革命にしても共産主義を実現するには至らなかった。その後の中国は鄧小平が掲げた「改革開放」路線を歩み、経済の自由化(市場経済化)に乗り出した。その結果、現在の中国は都市化や工業化が高度に進んだ社会となるに至っている。・・・というのがコーエンの評価。 []

タイラー・コーエン「医薬品産業での投資回収率のとある推計によれば…」

[Tyler Cowen, “One estimate of the rate of return on pharma,” Marginal Revolution, May 4, 2018]

(…)医薬品産業での R&D 投資へのリターンはすでに資本コストを下回っており,今後たった 2~3年でゼロに達すると予想される.しかも,R&D を改善してこの傾向を逆転させようと業界が あらゆる努力をしているにも関わらずにこうなっているのだ.

上記はケルヴィン・スコットから.グローバル需要が成長しつづけているなかでこうなっていることに留意しよう.供給側に不具合が起きていることがうかがえる.

タイラー・コーエン「教育のシグナリングモデルを単純化して考えてみる」

Tyler Cowen “A simple question about the signaling model of education”, Marginal Revolution, April 27, 2018

議論の目的上,教育とは100%シグナリングでしかないとしてみよう。ついでに人々のIQ,誠実さ等々といった地頭的なものはこの議論に関係する範囲の期間中は変わらないものとする。

少なくとも就職後最初の数年間では所得格差が広がっていっているという状況を考えてみよう。雇用主には労働者の質の違いを見抜くことができず,それを表すシグナルを見るほかはない。これは,教育を得ることはそれまでよりも「より分離的」となっていくことを意味するはずだ。

これにより,それまでよりも教育はより厳しいものになる。とはいってもこれは「入ること」のほうではなく(雇用主は自分自身で採用面接官を用意することもできる),やり遂げることのほうだ。やり遂げることが難しいので,きちんとやり遂げることはそれまでよりもより一層質を示すものになる。やり遂げることが難しいのは,教育がより厳しくなるから,というわけだ。

さてこれは正しいかな?

タイラー・コーエン「本の紹介:セシリア・ヘイズ『認知ガジェット』」

[Tyler Cowen, “*Cognitive Gadgets*,” Marginal Revolution, March 30, 2018]

ハーバード/ベルクナップから、セシリア・ヘイズの新著『認知ガジェット』が刊行された。副題は、「思考の文化的進化」だ。ときに文意が汲みにくいところもあるものの、重要な一冊だ。それに、きっと今年の社会科学本でいちばん思慮深い一冊となるだろう。
[Read more…]

タイラー・コーエン「ウクライナ: 何が間違っていたか、そしてどう立て直すか」(2015年5月)

[Tyler Cowen, “*Ukraine: What Went Wrong With It and How to Fix It,*” Marginal Revolution, May 22, 2015]

 

これはアンダース・オースランドの新しい本であり、全面的に参考になる。以下は私が学んだいくつかのことである。

 

  1. ウクライナの若者の80%が何らかの高等教育を受ける。
  2. ウクライナのGDPに占める年金支出は2010年頃には約18%で、世界最高水準の年金支出である。そのほとんどは老齢年金であり、寿命は68.5歳と比較的短く、UNDPによるとこれは世界で122番目である。
  3. この本の出版時点で、ウクライナの公的支出はGDPの53%を占める
  4. ウクライナはお金を使い果たしつつある…” オーケー、これは既に知っていることだ。
  5. 平時において1989年から1999年にウクライナがまずくいった以上にまずくいった経済はない。公式な統計によれば、10年間で、ウクライナのGDPは合計で61%急落した。しかしながら、このいくらかは闇市場の成長によって相殺された。
  6. ドンバス[1]は含まれているけれども、クリミアはもはやウクライナのGDPの公式統計に含まれていない

 

[1] 訳者注: ドンバスとは、ウクライナ東部の地域であり、「ドネツク人民共和国」や「ルガンスク人民共和国」を名乗る勢力が分離独立を主張している。