経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック&タイラー・コーエン 「空の旅に潜む『裁定機会』」(2013年9月24日、2015年6月7日)

●Alex Tabarrok, “Venezuelan Arbitrage”(Marginal Revolution, September 24, 2013)


予約が殺到して、出発の何ヶ月も前に完売する、ベネズエラ発の飛行機のチケット(航空券)。しかし、いざ出発という段になると、席は半分くらいしか埋まっていないことが多い。その理由は? ベネズエラ政府は、「1ドル=6.3ボリバル」の固定為替レート(公定レート)を採用している(2013年9月時点の話)が、闇市場では、ドルとボリバルは「1ドル=42ボリバル」近辺の比率(闇レート)で交換されている。ベネズエラ国内では、ドルとボリバルを公定レートで交換できる特権はごく限られた人間にしか認められていないが、例外がある。ちゃんとした航空券を持っていれば、誰でも公定レートでボリバルとドルを交換できるのだ1。まずは、航空会社に予約を入れて、航空券を手に入れる。次に、航空券を携えて、公定レートでボリバルとドルを交換する(ボリバルを手放して、ドルと交換してもらう)。そして、闇市場でドルとボリバルを交換する(ドルを売って、それと引き換えにボリバルを手に入れる)。すると、あら不思議。手持ちのボリバルがあっという間に増殖している、というわけだ2ロイターの報道に耳を傾けるとしよう。

「このマジック(公定レートと闇レートの乖離に付け込んだ裁定取引)のおかげで、無料で海外に旅行することも可能です」。そう語るのは、地元の経済学者であるアンヘル・ガルシア・バンチ。

公定レートと闇レートの乖離に付け込んで、「裁定取引」――ベネズエラ国内では、(スペイン語で)“el raspao”と呼ばれている。「かき集め」という意味だ――に乗り出せば、大きな儲けが手に入るのだ。

飛行機に乗って海外に行き、そこでクレジットカードのキャッシング機能を使って現金(ドル)を引き出す(借りる)。そんな振る舞いも珍しくないという。旅先で何か品物を買うためではない。そのままドルを持ってベネズエラに帰国し、闇市場で(公定レートで交換する場合の7倍近くに及ぶ)ボリバルと交換するのだ。

そうすれば、飛行機代も、旅先での宿泊費も、十分に賄えるだけの儲けが得られることになる。

ヨーロッパ旅行から戻ってきたばかりの女性は嬉しそうに語る。「あっちで新しい服も買えたし、身内のみんなにお小遣いをあげる余裕まであったんですよ」。

・・・(略)・・・自分は国から一歩も出ずに、クレジットカードに海を渡ってもらうというケースもある。海外にいる友人に、自分のクレジットカードを送るのだ。そのクレジットカードで現金(ドル)を引き出してもらい、引き出したドルをベネズエラに送金してもらうというわけだ。

「席が半分しか埋まっていない状態で飛び立つ飛行機が多いのも、そのせいなんですよ」。そう語るのは、観光業団体連合会会長を務めるリカルド・クサンノ氏。予約をすっぽかす客の鼻を明かすためにも、政府は、搭乗者名簿と(ボリバルとドルとの)両替に現れた人物の名簿とを照らし合わせるべきだ、とはクサンノ氏の言だ。

情報を寄せてくれたCarl Dannerに感謝。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Arbitrage, sort of”(Marginal Revolution, June 7, 2015)


一人の学生が正式に(捺印証書を作成して)改名に踏み切った。ライアンエアー社が航空券の名義変更に課す「ばかげた」手数料を支払うよりも、名前を変えたほうが安くつくから、というのがその理由だ。

改名したのは、アダム・アームストロング(19歳)。ガールフレンドの義父がイビサ島行きの航空券を代わりに予約してくれたものの、その義父が格安航空会社に伝えた氏名は、「ウェスト・アームストロング」。名前を間違えて予約してしまったのだ。航空券の名義を変更するには、手数料として220ポンドかかると言われたという。

アームストロングは、リーズシティカレッジの準学士課程でデジタルマーケティングを学ぶ学生。イギリスでは、捺印証書を作成して改名するのにお金は一切かからない。アームストロングは、無料で「ウェスト・アームストロング」に改名すると、すぐさまリバプールに向かった。「ウェスト・アームストロング」名義でパスポートを作り直すためである。パスポートの作成にかかる手数料は103ポンド。

過去にも何度か本紙で取り上げたように、イギリス国内にあるいくつかの航空会社は、予約のちょっとした変更にも100ポンドを超える手数料を課している。

全文はこちらMichael Rosenwald経由で知ったもの)。

  1. 訳注;海外旅行に出かける出国予定者に限って、公定レートでの両替(ボリバルとドルの交換)が認められている、という意味。 []
  2. 訳注;まずは公定レートで6.3ボリバルと1ドルを交換して、次に闇レートで1ドルと42ボリバルを交換する。あっという間に、6.3ボリバルが42ボリバルに化けることになる。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください