経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「ベイグル売りが明らかにした真実」

●Alex Tabarrok, “Bagel Theft”(Marginal Revolution, June 8, 2004)


20年ほど前のことになるが、とある経済学者が学者稼業に嫌気がさしてベイグル売りに転身した。彼の一日はこんな感じだ。朝がくるとワシントン周辺にあるオフィス街を訪れて会社のカフェテリアにベイグルと代金入れを置いていく。そして午後になると売れ残ったベイグルと代金入れを回収しに戻る。さすがは元経済学者、彼は持っていかれた(食べられた)ベイグルの数と売上代金のデータを事細かに記録しており、そのデータのおかげで人がいつどこで最も不正直に振る舞うかを推測することが可能となったのだ。

このエピソードはスティーヴン・レヴィットとスティーヴン・ダブナーがニューヨーク・タイムズ紙に寄稿している“What The Bagel Man Saw”の中で紹介されているものだ。データから明らかになった真実をいくつか列挙しておこう。

  • 9.11テロ事件後に盗み1は15%減少した
  • 季節はずれの好天だと人は正直に振る舞いがちであり、その反対に季節はずれの悪天だと人は不正直に振る舞いがち2
  • オフィスの規模が小さいほど「犯罪率」は低くなる(都市の規模が小さいほど犯罪率が低いという話と同じというわけだ)
  • クリスマス周辺の時期になると盗みがごまんと増える

ところで執筆者の紹介欄の記述に引っかかった。

スティーヴン・ダブナー(Stephen J. Dubner)はニューヨークを拠点とする作家・ジャーナリスト。スティーヴン・レヴィット(Steven D. Levitt)はシカゴ大学に在籍する経済学者。現在2人は赤ちゃんの命名やイカサマ、コカインの取引、不動産取引などをテーマとした経済学の本を執筆中。

赤ちゃんの命名にイカサマ、コカインの取引、不動産取引・・・、一見するとバラバラな話題に思えるのだが、一体どこに共通点があるというのだろうか?3

  1. 訳注;代金を支払わずにベイグルを持っていったケース []
  2. 訳注;正直に振る舞う=ちゃんと代金を支払ってベイグルを持っていく/不正直に振る舞う=代金を支払わずにベイグルを持っていく []
  3. 訳注;・・・と気になった方は是非とも『ヤバい経済学』(スティーヴン・レヴィット、スティーヴン・ダブナー著/望月衛訳)をご覧あれ(タバロックがこのエントリーを執筆した当時(2004年6月8日)はまだこの本は出版されていなかった)。ベイグル売りのエピソードも第1章でもう少し詳しく紹介されている。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください