経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「ホラー映画に関する『イチャイチャ理論』」(2011年10月31日)

●Alex Tabarrok, “The Snuggle Theory of Horror”(Marginal Revolution, October 31, 2011)


ホラー物(のフィクション)に関する心理学の先行研究を概観した記事の一部を引用しておこう。

ホラー映画への興味と、年齢との関係に関して言うと、幼年期から成長するにつれて、ホラー映画を楽しいと思える感情が高まっていき、その感情は思春期でピークに達して以降は年を重ねるとともに徐々に薄れていく(ホラー映画を楽しめなくなっていく)との可能性が示唆されている。このことと関わりがあるのが、いわゆる(ホラー映画に関する)「イチャイチャ理論」(‘snuggle theory’)と呼ばれているものである。「イチャイチャ理論」によると、ホラー映画の鑑賞は、若者たちにとって通過儀礼の一つとなっている可能性があり、若い男女が社会における伝統的な性的役割(ジェンダー・ロール)を演じる機会を提供しているというのだ。ドルフ・ジルマン(Dolf Zillmann)やノルベルト・ムンドルフ(Norbert Mundorf)らが1980年代後半に発表した共著論文では、男女の大学生を対象に、それぞれ異性とペアになって『13日の金曜日PART3』のワンシーンを14分間にわたって鑑賞してもらった上で、その感想が尋ねられている。その結果によると、男子大学生は、ペアになった女子(男子大学生には知らされていないが、実は研究助手)が映像の鑑賞中にびくびく怖がっている場合には、そうでない場合よりも、映像を2倍近く楽しめたと答える傾向にあった一方で、女子大学生は、ペアになった男子が映像の鑑賞中に冷静で動じた様子がないように見えると、そうでない場合よりも、映像を楽しく観れたと答える傾向にあった。この研究では、ペアとなった相手の印象が映像を観る前の段階でも問われており、映像を一緒に観る前の段階では女子から魅力的ではないと判断されていた男子であっても、『13日の金曜日』の映像を物怖じせずに見通した場合には、相手の女子からの評価が高まる傾向にあったことも見出されている。「ホラー映画やモンスターは、女子が悲鳴を上げながらデート相手の男子に必死になってしがみつく絶好のチャンスを提供しているとともに、男子が女子を安心させて守り庇護する――必要とあらば、モンスターを打ち倒す――絶好のチャンスを与えてもいるわけです」とはフィシュホフの言だ。「男子も女子もどちらとも、(ホラー映画を鑑賞しながら)文化の中に埋め込まれている性的役割を演じているわけです」。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください