経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「母さん、違うよ。価格は供給と需要の相互作用で決まるんだ。」

●Alex Tabarrok, “Response to my Mother”(Marginal Revolution, September 14, 2008)


ガソリンの価格が高騰している(2008年9月当時)が、ご多分に漏れず私の親愛なる母親もこのニュースに怒り心頭の様子だ。「ハリケーンがメキシコ湾岸を襲ったからだろうね。そのせいでガソリンの生産が大きくストップしてるみたいだよ」。私がそう言ってなだめようとしたところ、母親は次のように応じた。「そうらしいわね。でも、ハリケーンがやってくる前に生産が済んでいたガソリンがたくさんあるはずよ。業者がここぞとばかりに便乗値上げに乗り出しているに違いないわ。」 もぉおおおおおおおーー!! ・・・と叫びだしたいところだったが、我慢、我慢。穏便たれ。「ムムム」。私の口をついて出たのはその一言だった。残念なことに、今この文章を読んでいるあなたや私が担当する経済学1011(正確には経済学1032)の講義に出席している学生たちは私の母ほど恵まれているわけではない3

モノの価格はそれを生産するために(それが生産されるまでに)どれだけのコストがかかったか(historical cost)で決まる。世間一般の多くの人々はそう考えている。しかしながら、価格はそのようにして決まるわけでは決してない。価格は供給と需要の相互作用で決まるのだ。供給か需要のどちらかに変化が生じれば、その生産にどれだけのコストがかかったかに関係なく価格もまた変化するのだ。例えば、去年流行った服はどうだろうか? その服の生産にどれだけのコストがかかったにかかわらず、流行が過ぎた服の価格は(需要が低下する4ために去年と比べると)下落する。(切り裂かれた上で)ホルマリン漬けにされた鮫5はどうだろう? 需要が旺盛なようであれば、その制作にどれだけのコストがかかったかにかかわらずその死んだ鮫(作品)の価格は高止まりしたままだろう。ガソリンに対する需要が突如として減少するようなことがあれば、ガソリンの生産にどれだけのコストがかかっていようがその価格は下落することだろう。目下の状況に話を移すと、(ハリケーンの襲来によって)ガソリンの供給が減少したためにガソリンの価格が上昇することになったというわけだ。モノを生産するためにどれだけのコストがかかったかはそのモノの価格を決定付ける上で何の関係もないのだ。

ガソリンの価格が高騰しているのは(ガソリンを生産する)業者がここぞとばかりに価格を吊り上げようとしている(便乗値上げに乗り出している)からなのだろうか? いや、そうではない。ガソリンの価格が高騰している責任を誰かに帰したいと思うのであれば、ガソリンの生産者ではなくて(あなたと同じ立場の)ガソリンの需要者(消費者)を責めるべきである。限られた量のガソリンを手に入れるためにあなたよりも高い価格を支払っても構わないと考える消費者が他にいるからこそガソリンの価格が高騰しているのだ。買い手(消費者)同士の争い(競争)はモノの価格を引き上げ、売り手(生産者)同士の争い(競争)はモノの価格を引き下げる方向に働くのだ!

(ガソリン価格の高騰を受けて)莫大な利潤が転がり込んでいる業者も中にはいることだろう。それは確かだが、しかしながら世間一般の多くの人々は原因と結果を取り違えている。ガソリンの生産者が多くの利潤を手にしているために(ガソリンの)価格が高くなっているわけではない。(ガソリンの)価格が高いために利潤が多くなっているのだ。そんなに多くの利潤を手にしているのならそれに課税しようじゃないかという意見もあるかもしれないが、そうしたところでガソリンの価格はおそらく下落しないだろう。むしろその逆で利潤に課税しない方がガソリン価格の下落が促される可能性がある。というのは、多くの利潤が得られるようであれば業者はその高利潤を手に入れようとしてできるだけ早くガソリンの供給量を増やそうと動機付けられるからである。

こうして話は一周して元に戻ることになる。ハリケーンの傷も癒えて状況が落ち着きを取り戻せば、業者は(高利潤に惹きつけられて)ガソリンの供給量を増やすことになるだろう。ガソリンの供給量が増えるに伴ってその価格は下落し、最終的にはガソリンの価格はガソリンの生産に要する長期的なコスト(historical cost)と等しくなるところまで下落することだろう。つまりは、(ハリケーン襲来のような予想外のショックに晒されていない)通常の状況においてはガソリンの価格はガソリンの生産にどれだけのコストがかかったか(historical cost)によって決まるかのように「見える」わけである。真実が明らかになるのはごく短い期間においてだけである。「価格は供給と需要の相互作用で決まる」という真実が明らかになるのは(ハリケーン襲来のような)ショックに晒されて長期均衡からの逸脱が生じるごく短い期間においてだけなのだ。

(追記)母親が日常の経済問題について間違った考えを抱いている。これは正さなきゃいけない。そういう必要性を感じたことがあるのは私だけだろうか? ケネス・アローも同様の経験があるだろうか? アダム・スミスはどうだろうか? 「ねぇねぇ、母さん。羊肉の価格が上がっているのが許せないんでしょう? よかったらでいいんだけど、ここ最近僕がずっと取り組んでいる新しい理論に耳を傾けてくれないかい?」 スミスと母親との間でこのような会話が交わされたことは果たしてあるだろうか? 

  1. 訳注;経済学入門 []
  2. 訳注;ミクロ経済学 []
  3. 訳注;母親と同じような意見でも述べようものなら(以下で説明するように)その間違いを徹底的に正してやるから覚悟しておけ・・・という意味。 []
  4. 訳注;需要曲線が左方にシフトする []
  5. 訳注;芸術家であるダミアン・ハーストの作品 []

Comments

  1. アメリカ人がgas と言ったら、通常はガソリンのことです。ここもガソリンの話ではないかと思います。

    • コメントありがとうございます。ご指摘の通りガソリンですね(うっかり見過ごしてしまっていましたが、文の途中でガソリンという単語も出てきています)。修正させていただきました。

  2. あともう一つ。最後のところですが、この訳し方だと、ケネス・アローが何かマトンと因縁があるように読めてしまいます。ぼくの知る限り、特にないと思います。原文では「Is it just me or did Ken Arrow ever feel the need to correct his Mom on economic matters? Did Adam Smith? 」でマトンの話がくるので、この話題はアダム・スミスのほうでしょう。わざわざアダムスミスを後回しにしてありますが、その必然性はないと思います。「国富論」には、確かちょっとマトンの話が出てきたような……

    • 確かに当初の訳し方だと誤解を招いてしまう可能性があるやもしれませんね。こちらも修正させていただきました。ご指摘ありがとうございます。

  3. すばらしい!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください