経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『チョコレート債』はいかが?」(2010年5月26日)/「私を食べて♡」(2013年2月26日)

●Tyler Cowen, “Bond markets in everything”(Marginal Revolution, May 26, 2010)


イギリスの高級チョコレート専門店であるホテル・ショコラ(Hotel Chocolat)――イギリス国内だけにとどまらず、中東やアメリカにも進出しており、今のところ世界で40店舗以上が店を構えている――が、事業拡張に乗り出す意向を示している。そのために必要となる資金は、従来のように銀行や大手投資家から調達するのではなく、同社の顧客に債券を販売することで賄う予定だという。その債券では、利息として(現金ではなく)「チョコレート」が支払われることになるという。

今回発行される予定の「チョコレート債」は2種類あり、いずれも、利息として同社の箱詰めチョコレートが支払われることになる。額面が2000ポンドの「チョコレート債」の保有者には、利息として年あたり6箱の箱詰めチョコレート(ポンドに換算すると、107.70ポンドに相当)が支払われ、額面が4000ポンドの「チョコレート債」の保有者には、利息として年あたり13箱の箱詰めチョコレート(ポンドに換算すると、233.35ポンドに相当)が支払われることになる。いずれの債券も、年利は5.38%という計算になる。債券が発行されてから3年が経過すると、記念日ごとに債券の買い戻し(元本の償還)に応じるという。3年が経過した後も債券を保有し続けることを選んだ顧客には、それまで通り(利息として)箱詰めのチョコレートが送り届けられるということだ。

全文はこちらだ。この話を教えてくれたEric John Barkerに感謝。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Markets in everything the culture that is Japan there is no great stagnation”(Marginal Revolution, February 26, 2013)


自分のグミの「レプリカ」(複製)を作って、それを食べることもできる。味もなかなかおいしそうに見える。

日本(東京都渋谷区)にあるFabCafeでは、自分そっくりに見える複製を作るサービスを提供している。お値段は、およそ65ドル(6000円)。3Dスキャナーを使って自分の体の型をとり、その型をもとにしてグミを作る。色付けの選択肢も多彩だ。FabCafeは、「自分の顔チョコ」作りのサービスも行っている。自分のレプリカ作りのサービスは、元々はホワイトデー用に始められたようだ(アジアの国々では、ホワイトデーというのがある。バレンタインデーみたいなものだが、女性が男性にプレゼントを贈るらしい1。驚くばかりだ)。

全文はこちらだ(実物の画像も見れる)。この話を教えてくれたRob Raffetyに感謝。

  1. 訳注;ここは勘違い。言うまでもなく、ホワイトデーには、男性が女性にプレゼントを贈る(バレンタインデーのお返しをする)習わしになっている。「アジアの国々では、バレンタインデーの日に女性が男性にプレゼントする決まりになっているらしい」と書くべきだったと思われる(海外だと、一部の国を除いて、特にそういう決まりはない)。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください