経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「『面接に来たら50ドルあげます』:どこでも1兆ドルの追加刺激策を必要としてるわけじゃない」(2021年4月18日)

[Tyler Cowen. “Not everywhere needs another $1 trillion in stimulus,” Marginal Revolution, April 18, 2021]

フロリダのとあるマクドナルド店舗では,採用面接にやってくるだけで,応募者に50ドルを支払っている.それでも,いまだに募集に応じてやってくる人々は多くない

そのフランチャイズ店のオーナーであるブレイク・キャスパーは Insider の取材に答えて,こう語った――従業員を雇うために「必要なことならなんでもやれ」と伝えたところ,支店長と主任が面接報酬のアイディアを考えついたんですよ.

「現時点で,うちのドライブスルーを回まわせなくなったら,面接1回につき50ドルを払います」とキャスパーは言う.彼はフロリダ地域のタンパにマクドナルドの店舗を60軒所有している.

記事の全文はこちら.すばらしき Samir Varma にご教示いただいた.さて,もちろん過剰な失業保険は問題で,スコット・サムナーがこの文章で2021年の夏について書いている.多くのデータポイントが急速な景気回復を示しているし,サマーズとブランシャールは〔バイデン政権の支援パッケージが巨額すぎると警告した点で〕先見の明があったわけだね?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください