経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「アメリカでの総需要不足?」(2021年1月16日)

[Tyler Cowen, “Our aggregate demand shortfall?” Marginal Revolution, January 16, 2021]

Ben Casselman から:「(…)大半の経済数値とちがって,実のところ小売業の売り上げはパンデミック以前の水準を上回っている.〔2020年〕2月に比べて 2.6%増,前年に比べると 2.9%増になっている.雇用みたいなきれいな話になっていない.」


[▲小売・外食の売り上げ.季節調整済み,単位は10億ドル.グラフ内のパーセントは2020年2月水準からの変化を示す.]

そしてこちらはラリー・サマーズから:「総世帯所得は,Covid以前に考えられていた数字を 8% 上回っている.」

いままさに深刻なマクロ経済問題があるのはそうだけれど,「需要ベースの」刺激策を考案するときには,どうか次の点を念頭に置いてほしい.「公衆の健康第一!」


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください