経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「娘がいる方が離婚しやすい?」(2021年1月13日)

[Tyler Cowen, “Daughter-driven divorce?” Marginal Revolution, January 13, 2021]

息子がいる夫婦よりも,娘がいる夫婦の方が離婚しやすいのだろうか? オランダの住民登録データとアメリカの調査データを用いて,本稿では次の点を示す:娘がいる夫婦の方が離婚するリスクは高くなるが,それは娘が13歳から18歳のときにかぎられる.このように年齢が限定される研究結果は,時期に関係ない息子選好・出産時における性選別という説明と食い違う.本稿では,十代の娘がいる家庭における人間関係の緊張と考慮した説明を提案する.副次標本の分析から,性別役割の考え方が娘とパートナーと異なっている見込みが大きい親たちほど子供の性別による離婚リスクが大きく異なっていることが見出される.また,十代の娘がいる家庭における人間関係の緊張を示す調査の証拠も本研究は見出している.

この抜粋は,Jan Kabátek % David C Ribar による新論文から.via 優秀なる Kevin Lewis


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください