経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「Airbnbでの民族差別」(2021年12月31日)

[Tyler Cowen, “Ethnic discrimination on Airbnb,” Marginal Revolution, December 31, 2021]

本研究では,Airbnb から得られたデータを使用して,民族的少数派ホストに対する差別の根底にあるメカニズムをつきとめる.同じ居住地域内で,民族的少数派集団のホストたちは同等の宿泊物件よりも請求金額が 3.2 パーセント少ない.〔利用者による宿泊先の〕レイティングにより宿泊客たちは物件の質についてますます豊かな情報をえられるようになっているため,統計的差別の寄与分を計測できる.これは Altonji & Pierret (2001) の先行研究にもとづく.本研究では,民族による価格差がすべて統計的差別で説明されうることを示す:すなわち,かりに観測不可能なものがすべて明らかにされれば,民族による価格差は消失するだろう.また,当初の民族別の価格差のうち 4分の3(2.5ポイント)はホストたちの集団としての平均的な質に関してユーザーが抱いている不正確な信念に帰せられうる.

上記は Morgane Laouénan & Roland Rathelot による新しい論文 (AEA) からの抜粋.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください