経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『フランコの夢と嘘』」(2006年2月17日)/「9・11がテーマのアートの名作」(2011年9月6日)

●Tyler Cowen, “The dream and lie of Franco”(Marginal Revolution, February 17, 2006)


裏返しになってる・・・わけじゃないのでご注意を。ピカソの手になる本作は二枚組(もう一枚はこちら)で詩(こちら)も書き添えられている。戦争に対するピカソなりの(作品の制作を通じた)応答の例についてはこちらのページにまとめられている。「ビジュアルアートの分野における『戦争』と『平和』」がテーマのデビッド・ハート(David Hart)の論考の草稿はこちら。お薦めだ。こちらのページでは古典的自由主義者を自任している御仁の興味を引くであろうアート作品の一覧が、こちらのページでは戦争に懐疑的な御仁の興味を引くであろうアート作品の一覧がそれぞれ紹介されている。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Has there been a great 9-11 work of art?”(Marginal Revolution, September 6, 2011)


ゾーイ・ポロック(Zoë Pollock)がこちらのエントリーで「これまでにアートの世界で9・11(米同時多発テロ事件)をテーマとする名作は生み出されているだろうか?」との質問を投げかけている(関連するあれやこれやの議論もあわせて紹介されている)。私ならジョン・アダムズ作曲の『On the Transmigration of Souls』(「魂の転生」)を第一候補に挙げるだろう。YouTubeだと例えばこちらの動画をお試しになるといいかと思うが、高性能のステレオで聴けば一層感動的に響くことだろう。生演奏ならなおよしだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください