経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『公共財の私的供給』の例としてのブログ」

●Tyler Cowen, “Blogs and the private production of public goods”(Marginal Revolution, October 13, 2003)


ブログというのは「公共財の私的供給」の注目すべき例の一つだといえるだろう。ブログの執筆者(ブロガー)はモチベーションも高く、豊かな素養を備えていることもしばしばである。ブログではありとあらゆる問題について瞬時かつタイムリーなかたちで意見やコメントが続々と開陳される。しかし、その対価として金銭的な報酬を得ているブロガーは稀だ。「知への愛」が執筆動機だというブロガーもいれば、まずは名前をできるだけ売っておいて後々その知名度をてこにお金を儲けようとの魂胆を秘めているブロガーもいることだろう。現在(2003年現在)までのところ、400万を超えるブログが開設されているということだ。

しかし、おそらく誰もが予想していることだろうが、ブロガーのすべてが公共財の供給に貢献しているわけではないのが実状だ。率直に言うと、ブロガーの多くは「怠け者」なのである。最新の研究結果の一つは次のように伝えている。

研究のハイライト:ブログのうちおよそ4分の1は開設してたった1日で(開設された次の日以降から)放置される。男性と女性を比べると、男性のほうが飽きる(ブログを放置する)のが若干早い。なお、どちらかと言うと女性のほうがブログの開設に踏み切る傾向が高い。年齢に着目すると、全体の90%を上回るブログが30歳未満の人物によって開設されている。放置されていないブログを対象とすると、ブログの更新頻度は平均すると14日(2週間)に1回というペースでしかないということである。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください