経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「あのアーティストが最高傑作を仕上げたのはいつ頃?」(2005年10月5日)

●Tyler Cowen, “When do creators do their best work?”(Marginal Revolution, October 5, 2005)


ランダル・ジャレル(Randall Jarrell)もウォレス・スティーヴンズ(Wallace Stevens)について同様の評価を下している。曰く、「スティーヴンズはアメリカ出身の詩人として他に類を見ない珍事をやってのけている。アメリカ出身という限定を外して歴史上のすべての詩人に範囲を広げてみても前例がほとんど見つからないような珍事だ。長い人生(75年の生涯)の最後の1、2年の間(亡くなる1~2年前)に最高傑作にしてこれまでに無い新しさを備えた何とも奇妙な作品(詩)をいくつか書き上げているのだ」。

それとは対照的に、

ジャン=リュック・ゴダールは50年以上にわたる監督人生を通じて数多くの映像作品を残しているが、評論家の間ではゴダールの作品の中で一番の重要作(最高傑作)は1960年に公開された『Breathless』(邦題『勝手にしやがれ』)という点で幅広い意見の一致が見られている。『Breathless』はゴダールが30歳の時に監督した作品であり、長編映画としてはデビュー作にあたる。

どちらの文章もデビッド・ガレンソン(David W. Galenson)の『Old Masters and Young Geniuses: The Two Life Cycles of Artistic Creativity』からの引用だ。本書と関係の深いワーキングペーパーはこちら。ガレンソンは他にも興味深い論文をたくさん書いている。詳しくはこちらの一覧を参照のこと。

私からの質問:50歳を過ぎてから極めて重要な業績を残した経済学者って誰かいる? 仮に「いる」としてそれは最高傑作と言えるだろうか? 仮に「いない」というのであれば「40歳を過ぎてから~」に質問を変えるとどうなるだろうか? コメント欄を開けておくので思い付く人物を書き込んでもらえたら幸いだ。答えるのは簡単じゃないとは思うけど。


コメントを残す