経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「くしゃみが生み出す無限大の『時間の無駄』?」(2008年4月10日)

●Tyler Cowen, “The infinitely bad sneeze”(Marginal Revolution, April 10, 2008)


Zackから次のような意見が寄せられた。

あなたは空港にいて、今まさに(保安検査場にある)セキュリティゲートを通過しようとしている。そう考えてください。ちょうどその時です。くしゃみが出てしまい、ゲートを通過するのが2秒遅れてしまいました。いや、「2秒の遅れ」を被るのは、あなた一人だけじゃありません。「2秒の遅れ」は、あなたの後ろに並んでいる「みんな」にも、これから列に並ぶ「みんな」にも、降りかかることになります。セキュリティゲートに並ぶ列が途切れることはないと想定すると――大きな空港だと、午前3時になっても、列は途切れないものです――、「あなたのくしゃみ」が生み出す「時間の無駄」は、(「みんな」の分を足し合わせると)無限大ということになるでしょう。

セキュリティゲートに並ぶ列もいつかは(午前4時には?)途切れるので、くしゃみが生み出す「時間の無駄」は無限大にはならないだろうね。万一(無限大に)なるとしたら、それってどういう状況だろうね? 「時間の無駄」が無限大になる状況が仮にあるとしたら、無限大の無駄(損失)を避けるために、あなたが負うべき義務とは何だろうか? (くしゃみをしないために)鼻を切り落とすべき? この問題に哲学的な観点から切り込むのであれば、こちらの論争からヒントが得られるかもしれない。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください