経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「クリスマスの商業化に反対!」(2012年5月8日)

●Tyler Cowen, “Why they hate Santa (the culture that is Scotland?)”(Marginal Revolution, May 8, 2012)


小さな子供の前にぼんやりと立ち塞がる悪魔めかした見た目のサンタクロース。そんなサンタの姿を切り取ったポスターを作成したのは美術大学で学ぶ学生。クリスマスの商業化に終止符を打ち、子供を標的にする広告産業のやり口に異を唱える。そのためのキャンペーンの一環として作成されたポスターには次のような文字も躍っている。「サンタはね、貧しい家庭の子供よりも裕福な家庭の子供にたくさんプレゼントをあげてるんだよ」(“Santa gives more to rich kids than poor kids”)。ポスターは(イギリスはスコットランドの南西部に位置する都市である)グラスゴーにあるバルモア・ロードに飾られる予定になっている。

「商品は幸せを運んでくれる。サンタクロースはそんな嘘を子供に教えるために使われているんです。サンタのお話はまだ自分で物事の判断ができない子供たちを消費主義にのめり込ませる役目を果たしているんです。このポスターよりも不道徳的な話だと思いますね」。そう語るのはカレン氏。広告について4年間にわたって学んだ末に広告産業に幻滅を感じ、現在はグラスゴー美術学校で環境アートを学んでいるという。

全文はこちら。この記事の存在を教えてくれたJeremy Davisに感謝。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください