経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「大学院時代の思い出 ~マイルズ・キンボールはじめその他大勢の同窓と過ごしたハーバード大学の博士課程での日々を振り返る~」(2012年7月10日)/「アラン・クルーガーよ、安らかなれ」(2019年3月18日)

●Tyler Cowen, “Reminiscences of Miles Kimball, and others”(Marginal Revolution, July 10, 2012)


マイルズ(キンボール)は私と時を同じくしてハーバード大学の博士課程に進学した同窓の一人だ。同窓の院生の中で経済理論への理解の面で誰よりもキレキレだったのはマイルズとアビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)の二人。彼らを相手に講義で何かを教えるというのはとんでもない恐怖だったに違いない。二人ともこの上なく紳士的な人物ではあったが、講義の最中に黒板の上に書き付けられる説明だったり論文の中の記述だったりに間違いや曖昧なところがあれば二人によってツッコミが入れられること間違いなしだったものだ。マクロ経済学の最終試験でのこと。アビジットが問題の一つを解いていると教授陣が用意しているであろう模範解答は間違いであることに気付き、そのことを指摘。自力で正しい解を導き出すだけではなく、その他にも答え(解となる均衡)が複数あり得ることまで発見。そこまでやって試験の残り時間はまだたっぷり・・・なんて出来事もあったものだ。スティーヴン・カプラン(Steven Kaplan)も同窓の一人。今では実証家(実証研究を専門とする学者)として知られている彼だが、院生時代には理論家として秀でた才能を示していた。マイルズ、アビジット、スティーヴンの三人が仲間内での理論談義の多くで主役を務めていたものだ。物静かな性格ということもあって理論談義にはあまり口を出さなかったものの、マティアス・ドュワトリポン(Mathias Dewatripont)も理論をお手の物としていた一人だった。二年上の先輩にはアラン・クルーガー(Alan Krueger)がいたが、数ある実証論文の中から一体どれが重要なものかを見抜くピカイチの鑑識眼を備えているだけではなく、実証研究のイロハに精通してもいる人物との評判を勝ち得ていたものだ。アランはラリー・サマーズ(Larry Summers)から多くを学んだようだ。ヌリエル・ルビーニ(Nouriel Roubini)も同窓の一人。何もかも知り尽くしているかのようなオーラを放っていていささかお疲れ気味なように見えることも時にあったが、概して物静かだったという印象だ。

何年か先輩にはブラッド・デロング(Brad DeLong)がいた。当時は(同窓の他の面々と比べると)若干右寄りの思想の持ち主と思われていてアダム・ファーガソンの著作をはじめとしてちょっと変わった経済思想史方面の本を大量に読み漁っていたものだ。ブラッドには恋人(今の奥さん)がいたが、二人は切っても切れない関係でいつ見ても愛に溢れたカップルだったように覚えている。

マイルズは(良い意味で)「流転する精神」の持ち主、というのが私なりの印象だ。そのような印象もあって、マイルズが1984年に言語学の修士号(修士論文ではチャールズ・パースについても取り上げられており、パースの業績についてよく調べられていて独創的でもある議論が展開されている)を取得したと聞いても驚かなかったものだ。ところで、(2012年のアメリカ大統領選挙に共和党候補として出馬した)ミット・ロムニーはマイルズの従兄弟(いとこ)だ。マイルズが自分のブログに「ロムニーが信仰するモルモン教は彼をしてサプライサイド・リベラルに賛同せしめるか?」というテーマの記事を投稿する日もきっとそう遠くないことだろう。マイルズにも博士課程で共に学んだ同窓の面々についてどう思っているか聞いてみたいところだね。

マイルズはリバタリアンでもなければ進歩派でもない。(どちらか一方に与するのではなく)両派のアイデアを組み合わせるという姿勢を貫いており、それがために彼のブログは新鮮なのだ。私のRSSリーダーに登録されているブログの主は大抵リバタリアンか進歩派かのどちらかだが、そうなっている理由の一部はブロゴスフィアに備わる奇妙な選抜メカニズムのせいであって、経済学界のあり方を反映しているわけではないのだ。

マイルズのブログはこちら、ツイッターアカウントはこちら。何にも増して指摘しておくべきは、マイルズは「偉大な父親」であるらしいということだ。少なくとも愛娘はそう思っているようだ。マイルズの娘も(MBAの取得を目指して)ハーバード大学で学んでいる最中とのこと。彼女が立ち上げているプロジェクト「Expert Novice」(筋金入りの素人)のサイトはこちら。「最近学んだばかりのことについて書き綴ったメールレターを大体月一ペースでお届けする」とのことだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Alan Krueger, RIP”(Marginal Revolution, March 18, 2019)


アラン・クルーガーが亡くなったという報せはもう既に耳に入っているかもしれないが、今からでも賛辞の言葉を送るなり哀悼の意を表するなりしても不適当ということはなかろう。アランはハーバード大学の博士課程で共に学んだ同窓の一人だ。(博士号を取得してプロの経済学者の道を歩み出してからの)アランは(順調に業績を積み上げることで)未来のノーベル経済学賞候補の一人と目されるまでになる一方で、私はというと彼の新しい論文なり著書なりが発表されるとその大半に目を通してきたものだ1。しかし、アランと言えば博士課程で共に学んだ1980年代半ば頃の彼の姿がいつも決まって真っ先に思い出されるものだ。本当に悲しくてならない報せだ。

  1. 訳注;アラン・クルーガーの業績を概観した記事としては例えばこちらこちらこちらを参照のこと。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください