経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「安眠の効能 ~一晩寝て考える~」/「睡眠に関する2つのトリビア」

●Tyler Cowen, “Sleep on it”(Marginal Revolution, January 22, 2004)


安眠は思考力を高め、問題解決を促す助けとなるかもしれない。

今回ドイツの研究チームが明らかにしたところによると、人間の脳は寝ている間も日中にうまく解決できなかった問題に取り組み続け、十分な睡眠――8時間睡眠――をとることですんなりと問題の答えに辿り着くことができるようになるかもしれないという。

十分な睡眠はひらめきや問題解決を促す可能性があるという話は世間一般に流布しているところだが、今回ドイツの研究チームが明らかにした研究結果はそのことを裏付ける最初の動かぬ証拠だと言えるだろう。(今回の研究には参加していない)別の研究者が語っているように、今回の研究結果は過労気味の社会人や学生に対して「睡眠こそが時として最高の良薬だ」との警鐘を鳴らしている。

ドイツのリューベック大学に籍を置く研究チームはボランティアを募って簡単な数学クイズを課した。ボランティアは一旦クイズに取り組んだ後に複数のグループに分けられ、睡眠を8時間とった後に再びクイズに挑戦したグループでは寝ずに(徹夜で)クイズに取り組み続けたグループよりも3倍ほど正解に辿り着く割合が高かった。今回の研究結果は近々ネイチャー誌に掲載される予定となっている。

全文はこちらを参照されたい。この研究結果についてはこちらでも取り上げられている。原論文はこちらだ。ちなみに、私はぐっすり眠った後に本ブログの過去エントリーを見返す習慣があることを申し添えておこう。
——————————————————————

●Tyler Cowen, “Two things I learned about sleep”(Marginal Revolution, October 11, 2003)


レム睡眠が不足すると精神に異常をきたすという古くから伝わる考えはかなり説得力のある証拠によって否定されている。

この後には次のような但し書きが続いているが、文中で触れられている研究に政府が研究費を支給していないことを願うばかりだ。

とは言え、これまでの研究によると、眠っている最中に繰り返し小突かれて睡眠の邪魔をされると、眠りを邪魔された人はイライラしやすくなることは確かなようである。

次の話はご存知だっただろうか?

必要な睡眠時間を左右する重要な要因の一つは体のサイズにあるようだ。体が大きな動物ほど必要な睡眠時間は短い傾向にある。これまでの研究によると、睡眠は脳細胞に生じたダメージを修復する役割を果たしていることが知られている。小型動物ほど代謝が活発だが、代謝が活発なほど脳細胞に生じるダメージの量は増える。それゆえ、(代謝が活発な)小型動物ほど脳細胞を修復するためにより多くの時間が必要となり、そのために睡眠時間も長くなるというわけである。

オポッサムの睡眠時間は1日18時間であり、象の睡眠時間は1日3時間ということだ。

全文はサイエンティフィックアメリカン誌(2003年)11月号の記事 “Why We Sleep(pdf)”(「我々はどうして眠るのか?」)をご覧になられたい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください