経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「旅行するなら『中所得国』もお薦め」(2011年6月24日)

●Tyler Cowen, “In praise of travel in middle-income countries”(Marginal Revolution, June 24, 2011)


メキシコ、トルコ、ブラジル。いずれも、「先進国」と「開発途上国」の中間に位置する「中所得国」だ。いずれも、その内側(国内)は多様性に富んでいる。三国がそれぞれに違っていて、どの国も異国情緒を感じさせてくれる。どの国も快適に過ごせるだけの豊かさを備えている。国内を旅しているだけなのに、(地域ごとの多様性が高いこともあって)いとも容易く別世界を行き来できる。上等な食事に、ワールドクラスの観光スポット付き。出来上がった完成品ではなく、仕上げの途中にある国々。旅の最中は、サスペンス(ハラハラドキドキ)の連続だ。メキシコ、トルコ、ブラジルのうち、二ヶ国(ブラジル除く)は安くで廻れる(旅行できる)。メキシコ、トルコ、ブラジルのうち、二ヶ国は治安もいい。

(トルコの首都である)アンカラは素晴らしい都市だが、どういうわけだか、称賛する声はあまり聞かれない。現代都市に足を踏み入れたはずなのに、何世紀も昔の世界にタイムスリップしたかのような気分に襲われる。どんなにか興奮するだろう! 市場(いちば)に、昔のままの建物、エキゾチックな食材、政治的なモニュメント、人間精神のダイナミズム。ありきたりの旅を凌駕する材料が揃っている。何世紀も昔の世界を歩き回っているうちに、ふと目が覚める。自分が今いるのは、21世紀のアンカラだ。不意にそう気付かされる。興奮が冷める暇があろうか?

今(自分が生きている時代)に近いものほど、愛でる。そんな姿勢からは自由になろうじゃないか。廃墟は朽ち果てども、アンカラは朽ち果てず。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください