経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「日本のテレビ番組はどうして中途半端な時間に始まるのだろうか?」(2005年7月5日)

●Tyler Cowen, “Game theory questions about Japanese TV”(Marginal Revolution, July 5, 2005)


質問;日本ではテレビ番組が中途半端な時間に始まるのですが、そのことはご存知でしょうか? 6時58分から開始する番組もあれば、7時ちょうどに始まる番組もありますし、7時5分開始の番組もあります。どうしてなのでしょう?

答え;数年前までは、日本のテレビ番組も大抵は正時1に始まっていました。しかしながら、視聴率競争でライバル局に負けないために、正時から少しずらして番組を始める放送局が出てきたのです。正時(例えば、6時ちょうど)に番組が始まると、正時よりも少し前(例えば、6時55分)に番組が終わりますが、視聴者は番組の終了とともにテレビのチャンネルを次々と替える傾向にあります。チャンネルを替えた時にコマーシャルが流れていればまたすぐに別のチャンネルに替えられてしまいますが、(例えば6時58分開始の)番組が始まっていればそのまま視聴してもらえる可能性があるわけです。また、番組が正時を少しまたいで終わることになれば、視聴者にチャンネルを替えられずに次の番組も引き続き視聴してもらえる可能性が出てきます。というのも、他の局の番組が正時に開始されていれば、その局にチャンネルを替えた段階で番組は既にいくらか進行していて、冒頭の部分を見逃してしまうことになるからです。しかしながら、今ではNHK以外のどの局も同様の手法を採用しています。そのため、正時から少しずらして番組を始めたところで何の得にもならない状況になっていて、他の局を出し抜くためには番組の開始時間をさらにもっと早めないといけないという一種の悪循環に陥っています。

上のQ&Aはこちらのサイト2から引用したものだが、日本に関する面白いQ&Aが他にも数多く集められている。30分は時間を潰せるだろう。個人的に目を引かれた情報に触れておくと、多くの日本人は緑色を青色と見なしているらしく、自殺をする前に靴を脱ぐ習慣があるとのことだ。

  1. 訳注;「1時00分ぴったり」や「2時00分ちょうど」といったように、きりのいい時間のこと []
  2. 訳注;リンク切れ []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください