経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「独裁者の地位の継承にまつわる仮説」(2005年9月13日)

●Tyler Cowen, “Are autocratic successors less fierce?”(Marginal Revolution, September 13, 2005)


仮説A:独裁者の後継者は、先代に比べると、気性が穏やかだと予想される。気性の荒い後継者は、先代の独裁者にとって恐怖の対象となるためである1

仮説B:世襲君主制下では権力欲(権力への愛)が培われることはなく、世襲で跡を継ぐ面々は、初代――その座を力ずくで手に入れた初代――に比べると、気性が穏やかだと予想される。この仮説はゴードン・タロックが唱えているもの2、とはブライアン・カプランの言だ。

仮説C:独裁者の地位の継承が問題となる度に熾烈な権力闘争が繰り広げられるよりは、穏便な権力移譲を保障する仕組み3を通じて後継者が選び出される方が好ましい4

仮説D:穏便な権力移譲を保障する仕組みを通じて選ばれる後継者の気性が穏やかな傾向にあるとすると、穏便な権力移譲を続けていくことは徐々に(代替わりが繰り返されるに伴って)困難になっていくものと予想される5

仮説E:何度も何度も企てられるクーデターの試みをどうにかして未然に防ぐことができれば、経済成長への道が開かれる可能性がある。

ネオ・ラオホ

独裁制に関するジョナサン・クリック(Jonathan Klick)の論文はこちら。独裁制から民主主義への体制転換がテーマのダニエル・サッター(Daniel Sutter)の論文はこちら。ネオ・ラオホ(Neo Rauch)の別の作品はこちら

  1. 訳注;独裁者が生前にその座を退いて跡継ぎを指名するとなったら、自らの身の安全を守るためにも、気性が穏やかな人物を後任に選ぶ可能性が高いと予想される。後継者の気性が荒いと、場合によっては国外追放されたり殺害されたりするかもしれず、絶えずビクビクしながら日々(独裁者としての地位を退いた後の人生)を過ごさねばならなくなるかもしれないためである。 []
  2. 訳注;Gordon Tullock(著)『Autocracy』(この本は、タロック選集第8巻の『The Social Dilemma: Of Autocracy, Revolution, Coup d’Etat, and War』にも収録されている)の中で展開されている仮説。 []
  3. 訳注;世襲制はそのうちの一つ。 []
  4. 訳注;世襲制がクーデターの発生を抑えることで社会秩序の維持に対して持つ意義については、こちらの論文――Peter Kurrild-Klitgaard, “The Constitutional Economics of Autocratic Succession”――を参照されたい。世襲制がその国の経済成長に及ぼす影響については、例えばこちらの論文――Timothy Besley&Marta Reynal-Querol, “The Logic of Hereditary Rule: Theory and Evidence”――を参照されたい。 []
  5. 訳注;おそらくは、政権転覆を狙った試みが誘発されやすくなるという意味だと思われる。独裁者の気性が穏やかだと、クーデター等が発生してもそれほど抵抗することなくあっさりとその座を明け渡すかもしれない。言い換えると、独裁者の気性が穏やかなほど、クーデターが成功する――それも、それほど犠牲を伴うことなく成功する――見込みが高まり、それゆえ、クーデターが誘発されやすくなるかもしれない。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください