経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「規制・不完全競争・合衆国の中絶市場」 (2015年8月6日)

Tyler Cowen,  “Regulation, imperfect competition, and the U.S. abortion market” (Marginal Revolution, August 6, 2015)


Andrew Beauchampの新しい論文が公開された:

多くの州が妊娠中絶関連法規を厳格化しており、合衆国における中絶市場は最近ますます一部地域への集中を見せている。本論文では中絶施行者に関するデータを用いて、需要・価格競争・中絶産業への参入撤退についての均衡モデルを推定し、以て規制が業産業の動きに対しいかなる影響を与えているのか把握を試みる。推定値が示したのは、諸規制は中絶市場の構造と変容を決定付ける重要な役割を果たしていたことだ。一方、反事実シミュレーションは、最近の中絶事例の減少傾向を説明するにあたって、需要を標的とする規制の増加こそが観測されているファクターとしては最も重要なものであったことを明らかにしている。ユタ州の規制レジームを合衆国全土でシミュレーションしたところ、中絶規制の厳格化はかえって均衡における中絶の値を増加させる恐れがあり、それは主として、このリジームが市場勢力図を低価格での人工中絶施行者に有利に傾けてしまう為に生じることが示された。

入手の簡単なungated版はこちら。そして、教えてくれたexcellent Kに感謝。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください