経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「親に似るのって悪いこと?」(2007年7月21日)

●Tyler Cowen, “Is it bad to become like your parents?”(Marginal Revolution, July 21, 2007)


本ブログ(および拙著)の熱心な読者の一人から次のような質問を頂戴した。

私は母親を死ぬほど愛しています。それと同時に、私もゆくゆくは母親みたいになるんじゃないかと思うと死ぬほど怖いです。率直に言うと、母親も同じく似てほしくないという意見なんじゃないかと思います。どうすべきでしょうか? 「何もしないでよろしい」とのお答えだけはご勘弁ください。というのも、自分なりにあれこれ考えた挙句に「何もしない」でいるときっと母親みたいになっちゃうに違いないとの結論に至ったからです。それだけ母親は「モデル」(お手本)としてあまりに強烈な印象を私に及ぼしているんです。「さっさと命を絶ってしまえ。そうすりゃ母親に似ないで済むだろう」とのお答えもご勘弁ください。そのような解決策は私の母親も私も嫌うでしょうから社会厚生にマイナスの影響を及ぼすように思うのです。母親の方に変わってもらうことはできない。そう想定した上で私はどうすべきでしょうか? 「アドバイスありがとうございます」と前もって感謝の言葉を述べさせていただきます。

私の答えは[Read more…]を挟んで述べさせてもらうことにしよう。あまりに残酷だから。

母親にこう尋ねればいい。「ねえお母さん、お婆ちゃんみたいにならないようにどんなことした?」

世の中であなたが悩まされているのとまったく同じ問題(「母親みたいにならないにはどうしたらいいか?」)に悩まされた経験のある人間と言えばあなたの母親以外に誰がいるだろうか? 母親の答えをそっくり真似ればいい。

こうも考えられるだろう。あなたは既に母親に似ているのかもしれない。いつかの時代の(若かりし頃の)母親にはきっとそっくりに違いない。

仮に「若かりし頃のあなたの母親」がタイムマシーンに乗って「2007年(未来)の自分」の姿を見ることができたとしたら、「若かりし頃のあなたの母親」はその姿(年老いた自分の姿)を見てどう感じたろうか? 「私もゆくゆくは母親みたいになるんじゃないかと思うと死ぬほど怖いです。率直に言うと、母親も同じく似てほしくないという意見なんじゃないかと思います」というコメントから推測すると「そんなに嬉しくない」と感じたことだろう。

つまりは、母親から遠ざかる(母親に似なくなる)ということはタイムマシーンに乗った若かりし頃の母親(今のあなたと同じくらいの年齢の時の母親)が今の(年老いた)自分の姿を見て抱いたであろう感情から遠ざかることを意味することになる。

言い換えるとこういうことだ。母親に似るのを喜んで受け入れ給え

冗談なんかじゃない。マジでそうすべきだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください