経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「車の運転の教え方」(2005年9月16日)

●Tyler Cowen, “How to teach driving”(Marginal Revolution, September 16, 2005)


娘のヤナ(Yana)が仮免を取得してきた。というわけで、家族の一員である、どこぞのブロガーの出番だ。娘に車の運転の仕方を教える『教官』の役目が回ってきたのだ。折角の機会だから、私なりの「車の運転の教え方 3ヶ条」を紹介しておくとしよう。ただし、以下の方法を試す際は、くれぐれも安全な場所――ガラガラの駐車場など――を選んでやるように。

1. 「ちょっと縁石にぶつけてみて。ただし、軽くだよ」と『生徒』に伝える。縁石の位置(縁石がどこにあるか)を感覚的につかんでもらうには、こうするしかない。車を運転する以上、縁石からは逃れられないのだから、安全な環境下であらかじめ訓練を積ませておくわけだ。

2. 『生徒』が運転している最中に、横で奇妙なセリフを吐いてわめき散らす(例. 「バカなことしてらぁ!」、「ボブがヤナにゾッコンらしいぜ!」)。友人を車に乗せた際に似たような状況にいずれ遭遇することだろう。その時に備えて、前もって心の準備をさせておくわけだ。

3. 車がまだ完全には止まっていないうちに、ギアをP(パーキングギア)に入れるよう伝える。理屈は上の12と同じ。

こういう教え方をしている『教官』が少ないのは、どうしてなんだろうか(それとも、みんなやってます?)? おそらくは、運転を教えている最中に、自分の身の安全をできるだけ確保しておきたいとの思いが優先されちゃってるんだろうね。レッスン中に、できるだけストレスを感じたくないんだろうね。『生徒』が社会(公道)に出ても大丈夫なように備えさせておかなきゃって思いは、二の次にされちゃってるんだろうね。

何かいい教え方をご存知であれば、コメント欄で伝えてもらえたら幸いだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください