経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「金融政策を扱った小説にはどんなものがある?」(2010年12月29日)

●Tyler Cowen, “What are the novels about monetary policy?”(Marginal Revolution, December 29, 2010)


エズラ・クライン(Ezra Klein)が問うている

「残念ながら、『You Shall Know Our Velocity』は、金融政策を扱った小説ではない」。1

そう語るのは、マシュー・イグレシアス(Matthew Yglesias)。彼のコメントを目にして、ふと疑問に思ったことがある。「金融政策を扱った小説というのはあるだろうか?」という疑問がそれだ。すぐに思い付くのは、『The Wonderful Wizard of Oz』(『オズの魔法使い』)。この小説は、金本位制の是非を巡ってたたかわされた政治闘争の寓話だと言われている2。金融政策の「効果」を扱った小説も含めていいのであれば、大恐慌(Great Depression)が舞台の小説も文句なく該当することになるだろう。中でも、スタインベック(John Steinbeck)の『The Grapes of Wrath(『怒りの葡萄』)は外せないだろう。他に適当な作品はないだろうか?

ポール・カンター(Paul Cantor)のこちらの論文(pdf)によると、トーマス・マンがハイパーインフレーションを話題にしているということだ。その道の専門家であれば、フリードリヒ・アッハベルガー(Friedrich Achberger)の論文 “Die Inflation und die zeitgenossische Literatur”(「インフレーションと現代文学」)3を引っ張り出してきたい衝動に駆られるかもしれないが、この論文によると、ムージル(Robert Musil)、ツヴァイク(Stefan Zweig)、ブロッホ(Hermann Broch)なんかの作品でも金融政策がテーマになっているらしい。ハンス・ファラダ(Hans Fallada)の『Wolf Among Wolves』も金融政策を扱った小説ということになるだろう。H.G.ウェルズの『The Last War(『解放された世界』)なんかはどうだろうか?(ウェルズは、フレデリック・ソディ(Frederick Soddy)の信奉者だったのだ)。19世紀のイングランドで書かれた小説をあたれば、何か適当な作品が見つかるだろうか? SFの分野で何か適当な作品はないだろうか? エリック・フランク・ラッセル(Eric Frank Russell)がミューチュアルファンド・バンク(pdf)をネタにしてたんじゃなかったっけ?

(追記)クルーグマンは、ベンジャミン・スタイン(Benjamin Stein)の『On the Brink』を挙げている。他のリストについては、こちらもあわせて参照されたい。

  1. 訳注;経済学で“velocity”という単語が用いられる際は、「貨幣の流通速度」を意味することが大半だが(いわゆる交換方程式 『MV=PY』のVがそれにあたる)、本のタイトルに含まれている“velocity”は、「貨幣の流通速度」を意味しているわけではなく、“velocity”という単語が使われているからといって金融政策を扱った本だと早とちりしてはいけないよ、という意味。 []
  2. 訳注;この点については、次の論文が有名。 ●Hugh Rockoff(1990), “The “Wizard of Oz” as a Monetary Allegory(JSTOR)”(Journal of Political Economy, Vol. 98, No. 4, pp. 739-760.) []
  3. 原注;Franz Kadrnoska(ed.)Aufbruch und Untergang: Osterreichische Kulturzwischen 1918-1938 (Vienna: Europa, 1981) の pp. 29-42 に収録。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください