経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「隕石の価値 ~天の災い? 天の恵み?~」

●Tyler Cowen, “The value of a meteorite”(Marginal Revolution, October 14, 2003)


ちょっと考えてもらいたい。ある日突然巨大な隕石があなたの家に落下してきて屋根を貫いたとしよう。おかげで家の一部はグチャグチャに破損してしまった。この思いがけない出来事に遭遇してあなたは落胆するだろうか? たぶんイエスだろう。では、棚からぼた餅よろしく労せずして高価な品をゲットしてほくほくだろうか? これもたぶんイエスということになるだろう。実はこの話は架空の出来事ではなくニューオーリンズに住むとある家族の身に起こった現実の出来事なのである。

「彼らは極めて幸運ですね」。若干うらみ節をのぞかせながらもそう語るのは隕石学研究所の所長を務めるヒューアン・ジョーンズ(Rhian Jones)氏だ。「今回のような出来事は大変珍しいことです。驚愕の出来事です。そのご家族は2重の意味で幸運だと言えます。隕石が落下してきた瞬間にたまたま家の中におらず、そのためご無事だったという意味で幸運でしたし、そもそも隕石が家に落下したこと自体が幸運なのです。隕石が家に落下したおかげでそのご家族は極めて特別な地位を手にすることになったのです。」

とある隕石ディーラーの見立てによると、この(家に落下してきた)隕石は1グラム当たり8ドル~20ドルの値(隕石丸々1個(全重量は推定で30ポンド)で108,862ドル~272,156ドルの値)が付くのではないかということだ。この隕石が月や火星から飛んできたもの(月隕石か火星隕石)だとすれば100万ドル単位の値が付く可能性があるという。一方で隕石の落下によって家が受けた被害は総額で1万ドル程度と見込まれている。現在この家族は前々から計画していたヨーロッパ旅行に出掛ける準備をしているということだ。

「隕石マーケット」(隕石の売買取引)の規模は過去10年の間に拡大を続けてきた。その理由としてはインターネットの発展ということもあるが、サハラ砂漠や南極大陸での隕石の発掘が盛んになったことで隕石の新たな「供給」が増えたためでもある。隕石の販売を手掛けているサイトの中でも評判の良いサイトはこちらだ。ebayでも隕石が売りに出されているが(私がチェックした段階では全部で759品が売り出されていた)、大抵はお手頃な価格設定となっている。とはいえ、高級な隕石ともなると何百万ドルもの値が付く場合があることもお忘れなく。

隕石落下の「被害に遭った」家族のエピソードについてはこちらを参照されたい。ところで、隕石の落下で家が受けた被害が保険でカバーされる(補償される)かどうかは今のところまだはっきりしないということだ。よくよく考えると、隕石の衝突は「不可抗力」(“act of God”)とは言えないのではないだろうか?1

  1. 訳注;文中でも訳したように“act of God”には「不可抗力」という意味があり、中でも自然災害(天災)という意味が込められることがある。この文章でコーエンは、隕石は神の意思の及ぶ対象ではなく、それゆえ“act of God”ではない(神の行い、神の手の及ぶ範囲の出来事ではない)といったことが言いたいのかもしれない。そして“act of God”(=不可抗力)ではないとすると、保険も適用されない可能性がある・・・ということになるが、それはあくまでも“act of God”という表現にこだわった場合の話であって、天災に類するものと認定されればおそらく保険は適用されることになるだろう。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください