経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「20世紀における最も重要なアート作品とは?」(2008年8月4日)

●Tyler Cowen, “Portrait of David Galenson”(Marginal Revolution, August 4, 2008)


デビッド・ガレンソン(David Galenson)に「20世紀における最も重要なアート作品は何か?」という問いを投げかけると躊躇することなく次のように答えることだろう。『アビニヨンの娘たち』(パブロ・ピカソが1907年に制作した絵画)。

話は第一位(最も重要な作品)だけにとどまらない。第二位(その次に重要な作品)以下のランキングについても順々に確信を持って答えてくれることだろう。

・・・(略)・・・ガレンソンによると、彼が頼りにする統計学的なアプローチ(定量的な分析手法)は20世紀美術について従来とは大きく異なるまったく新しい解釈――美術史家に眉をひそめられるに違いない解釈――を投げかけているとのこと。それぞれの作品が美術史の教科書(計33冊)に掲載されている頻度(回数)などの情報(数値データ)がその根拠となっているという1

記事の全文はこちら。ガレンソンについては本ブログでも過去に何度か取り上げている。詳しくはこちらの検索結果を辿っていただきたい。ガレンソンのホームページはこちらだ。

  1. 訳注;美術史の教科書(計33冊)への掲載回数に照らして作品の重要度を測ると、第一位は(文中にもあるように)『アビニヨンの娘たち』(掲載数は28回)。ちなみに、第二位は『第三インターナショナル記念塔』(ウラジミール・タトリン構想の鉄塔案)で掲載数は25回。第三位は『スパイラル・ジェティ』(ロバート・スミッソン制作の巨大なランド・アート)で掲載数は23回。第四位は『一体何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力あるものにしているのか』(リチャード・ハミルトン制作のコラージュ)で掲載数は22回。第五位は『空間における連続性の唯一の形態』(ウンベルト・ボッチョーニ制作のブロンズ彫刻)と『ゲルニカ』(ピカソ制作の絵画)が同着で掲載数は21回。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください