経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダイアン・コイル 「公共政策について学ぶ:推薦図書リスト」(2016年9月16日)

●Diane Coyle, “Public policy reading”(The Enlightened Economist, September 16, 2016)


ツイッター上でフレデリコ・モレ(Frederico Mollet)から次のようなやりがいのある挑戦状が届いた。「公共政策について学ぶために大学院の修士課程に進学したばかりの学生が大局を掴む上で役に立つお薦めの書籍を挙げよ」。以下に私なりのお薦めを掲げるとしよう。合計で10冊1。読みやすさ重視。経済学の観点から公共政策に切り込んでいる書籍、経済政策の(理論的な)根拠に探りを入れている書籍を中心に選んでいる。毎度のことだが、何か意見があるようならお知らせ願いたい。歓迎する。特に、著者が女性の書籍で何かお薦めがあればお教え願いたいところだ。以下に掲げた書籍の著者は男性ばかりなものでね。

上から三冊は「私のお気に入り」の座に長年君臨し続けている代物。誰もが是非とも一読すべきだと思う。

*『Seeing Like A State』(「国家による一元化」) by ジェームズ・スコット(James Scott)

*『Reinventing the Bazaar』(邦訳『市場を創る-バザールからネット取引まで』) by ジョン・マクミラン(John McMillan)

*『Micromotives and Macrobehavior』(邦訳『ミクロ動機とマクロ行動』) by トーマス・シェリング(Thomas Schelling)

*『Who Gets What and Why』(邦訳『Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット)-マッチメイキングとマーケットデザインの経済学』) by アルビン・ロス(Alvin Roth)

*『What Money Can’t Buy: The Moral Limits of Markets』(邦訳『それをお金で買いますか』) by マイケル・サンデル(Michael Sandel)

*『Economics Rules』(邦訳『エコノミクス・ルール-憂鬱な科学の功罪』) by ダニ・ロドリック(Dani Rodrik)

*『Madmen, Intellectuals, and Academic Scribblers: The Economic Engine of Political Change』(「狂人、知識人、三文文士:政治変化の背後に潜む経済的な原動力」) by エドワード・ロペス(Edward Lopez)&ウェイン・レイトン(Wayne Leighton)

*『Poor Economics』(邦訳『貧乏人の経済学-もういちど貧困問題を根っこから考える』) by エステル・デュフロ(Esther Duflo)&アビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)

*『The Idea of Justice』(邦訳『正義のアイデア』) by アマルティア・セン(Amartya Sen)

*『Other People’s Money』(邦訳『金融に未来はあるか-ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実』) by ジョン・ケイ(John Kay)

*『Economic fables』(邦訳『ルービンシュタイン ゲーム理論の力』) by アリエル・ルービンシュタイン(Ariel Rubinstein)

*『The Blunders of Our Governments』(「われらが政府によるヘマの数々」) by アンソニー・キング(Anthony King)&アイバー・クルー(Ivor Crewe)(イギリスの例しか取り上げられていないが、非常に愉快な一冊であることは間違いない)



  1. 原注;・・・のつもりだったが、あれもこれもと考えているうちに少々オーバーしてしまった。 []

コメントを残す