経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダイアン・コイル 「物知りな経済学者の卵にお薦めの本」(2010年12月3日)

●Diane Coyle, “The Well-Read Young Economist”(The Enlightened Economist, December 3, 2010)


我が長男が(イギリスで大学進学希望者が学ぶ教育課程である)シックスフォーム課程で勉学に励んでいた時のことだ。ディナーパーティーや退屈な会議の合間に友人や知り合いと一緒に戯れようと(息子の役にも立つ)ちょっとしたゲームを考案したことがある。物知りな若者にお薦めの本を銘々挙げていくというのがそれだ。ジャンルは問わない。フィクションでも古典でもノンフィクションでも何でもいい。読んで楽しい本。一読の価値ありと思うのであれば冗長な内容であっても構わない。制約は一切なし。ゲームの評判はというと上々だったようだ。会議に出席していた数名の知り合いから理想的なリーディングリストを拵えるのがあまりにも楽しくて会議に集中できなかったと伝えられたほどだったのだ。

我が長男だが、今現在は大学2年生。大学では政治と哲学と経済学を学んでいる最中。中でも経済学に惹かれている模様。というわけで、先のゲームの内容をほんの少しだけ変えて今回はネット民の力を借りることにしようと思う。ちなみに、我が長男は一般向けの経済学書の類が大好き。とりわけ、ティム・ハーフォードの『The Undercover Economist』(邦訳『まっとうな経済学』)のファンだ。そんなわけで(長男が既に読了済みの可能性が高い)一般向けの経済学書は除外することにして、経済学者を志す若者にお薦めの本を挙げよと問われたらどう答えるだろうか?

なかなかの難問だ。というのも、現代経済学のコア(核心)の多くを知るには学術誌に掲載されている論文を紐解く必要があるし、経済学者というのは文才のある学究とは言えないからだ。だがしかし、「読みやすさ」と「経済学のコアとはいかなるものかを窺い知れる」という条件はどうしても外せない。かような条件を満たす本の中から私なりに思い付くお薦めを挙げると以下のようになるだろうか。

上のリストは今朝方ふと頭をよぎった思い付きをまとめたに過ぎない。他にも候補はたくさんあるに違いない・・・でしょ?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください