経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダイアン・コイル 「私がまだ経済学者の卵だったあの頃」(2010年12月5日)

●Diane Coyle, “When We Were Very Young”(The Enlightened Economist, December 5, 2010)


「我が息子――大学で哲学、政治、経済学を学ぶ20歳の学生――にお薦めの本はないだろうか?」と問いかけたのは数日前のこと〔拙訳はこちら〕だが(コメント欄に寄せられた回答はこちら)、そのように問いかけるのに伴って私が息子と同じ年頃の時はどんな本を読んでいたろうかとふと昔を振り返ってみたりもしたものだ。息子と同じく(オックスフォード大学の)PPE(哲学&政治&経済学)コースで学んでいた私が(息子と同じ)大学2年次に読んだ本の一部を抜粋すると以下のようになる。西暦でいうと1979~80年のことだ。

上に掲げた本の大半は大学の講義で渡されたリーディングリストに載っていたものだ。そのリストには本の一部の章であったり学術誌に掲載されている論文なんかも名を連ねている。こうして振り返ってみると、色んなジャンルがごちゃごちゃと入り混じっている感は否めないね。当時は推理小説(探偵小説)を大量に読み漁ったことも付け加えておこう。

リーディングリストつながりで毎年恒例の「今年のベスト本」もついでに紹介しておくとしよう。エコノミスト誌が選出した「今年(2010年度)のベスト本」の一覧はこちら、私が選んだ「今年(2010年度)のベスト本」の一覧はこちら


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください