経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「たっぷり寝て経済に活を入れよう」

●Mark Thoma, “‘Get Some Sleep, and Wake Up the GDP’”(Economist’s View, February 1, 2014)


センディル・ムライネーサン(Sendhil Mullainathan)がニューヨーク・タイムズ紙に寄稿している記事(“Get Some Sleep, and Wake Up the G.D.P.”)によると、どうやら少し横になる必要があるようだ。

・・・(略)・・・国民の多くはもっと睡眠をとる必要がある。

・・・(略)・・・睡眠と経済学? 両者の間に一体どんな関係があるというのだろうか? 生理学の専権事項なのではないだろうか?

いや、睡眠と経済学とは大いに関係がある。まず第一に、睡眠不足は経済に対してかなり大きな影響を及ぼす力を秘めている。・・・2008年に行われた世論調査によると、働く社会人(労働者)のうち29%は仕事中に居眠りをしたり激しい睡魔に襲われた経験があるという。オーストラリア人を対象とした研究によれば、睡眠障害に伴う経済的なコストはGDPの0.8%に相当するということだ。

しかしながら、この数字は睡眠不足がGDPに及ぼす損害を過小評価している可能性がある。上記の研究では睡眠障害の治療に要する医療費や(睡眠不足を原因とする)業務上の事故に伴う金銭的なコストに焦点が当てられており、睡眠不足がGDPに及ぼし得る最も重要な影響が見逃されているのだ。現代の多くの職場では頭を使う仕事や(周囲とのコミュニケーションをはじめとした)ソーシャルスキルが重要な位置を占めているが、睡眠不足は無気力やイライラを誘発するだけではなく、頭の働きを鈍らせることにもなる。その結果として経済に対してあらゆる角度から大きな損害が及ぶ可能性があるのだ。・・・[続きはこちら]


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください