経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「ピケティの慨嘆 ~ヨーロッパはユーロ圏という名のモンスターを生み出してしまったのです~」(2015年3月10日)

●Mark Thoma, “Thomas Piketty on the Euro Zone: ‘We Have Created a Monster’”(Economist’s View, March 10, 2015)


トマ・ピケティ(Thomas Piketty)がドイツのシュピーゲル誌のインタビューに応じている。そのほんの一部を以下に引用しておこう。

Thomas Piketty on the Euro Zone: ‘We Have Created a Monster’”, Interview by Julia Amalia Heyer and Christoph Pauly:

シュピーゲル誌: ・・・得体の知れない政治的な手段(impenetrable political instruments)と仰いましたが、もう少し具体的にお願いできますか?

ピケティ:ヨーロッパでは計19カ国が共通通貨であるユーロを採用しています。しかし、それぞれの国の間では税制も違いますし、各国の財政政策の間で調和が保たれた試しなどありません。ユーロはうまくいきようがないのです。ヨーロッパはユーロ圏という名のモンスターを生み出してしまったのです。ユーロという共通通貨が導入される以前はどの国も為替レートの減価を通じて価格競争力を高めることができました。しかしながら、ギリシャはユーロ圏のメンバーとなることを選んだおかげで為替レートの減価というその有効性が立証されている手段に最早頼ることができなくなってしまったのです。

シュピーゲル誌:何だかアレクシス・ツィプラス首相を彷彿とさせますね。ギリシャ政府は債務を返済する必要などない。ギリシャに落ち度があるわけではないからだ。彼はそう語っていますが。

ピケティ:私はスィリザ党の党員でもなければスィリザ党を支持しているわけでもありません。ヨーロッパがどういう状況に置かれているかを分析しようと試みているだけにすぎません。そしてヨーロッパの状況を観察する中で明らかになってきたことがあります。経済成長なくして財政赤字を削減することなどできないというのがそれです。経済成長が伴わなければ財政赤字を減らすことはできないのです。是非とも記憶しておくべきことがあります。ドイツ(政府)もフランス(政府)も第二次世界大戦が終わった直後(1945年当時)の段階ではかなりの規模に上る債務を抱えていましたが、どちらの国もその債務を完済してなどいないのです。それにもかかわらず、南欧諸国に対して債務をすべて返済せよと迫っているのがこの両国なのです。「歴史の健忘症」とはまさにこのことです。そしてそれに伴って悲惨な結果がもたらされているのです。

シュピーゲル誌:アテネにある政府(ギリシャ政府)は何十年にも及ぶ不始末に自分でけりをつける必要はない。他の者たちがその尻拭いをすべきだというわけですか?

ピケティ:ヨーロッパに住む若者たちのことを考えるべきです。彼らの多くは職を得ることが極めて困難な状況に置かれています。「申し訳ないけれど、君たちが仕事を見つけられないのは親や祖父母の世代のせいなんだ」 若者たちにそう伝えるべきでしょうか? 世代間の連座(集団的懲罰)をヨーロッパにも持ち込むべきだとでも言うのでしょうか? ナショナリズムの後ろ盾を得たこの種のエゴイズムこそが何にも増して私をうろたえさせるのです。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください