経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「睡眠不足と『楽観主義バイアス』」

●Mark Thoma, “Sleep Loss and “Optimism Bias””(Economist’s View, March 8, 2011)


サイエンティフィック・アメリカン誌が運営しているブログの記事(“Short on sleep, brain optimistically favors long odds”)によると、睡眠不足の状態ではギャンブルには手を出さない方がいいようだ。

・・・新たな研究によると、人は一晩徹夜するだけでも一か八かの賭けに出る――大儲けできそうであればそれよりもずっと大きな損をするリスクがあっても構わず賭けに乗る――可能性が高くなるということだ。・・・

デューク大学に籍を置く研究チームは29名の健康な被験者にいくつかのギャンブルゲームを行ってもらい、fMRIを用いてその最中の脳の活動の様子がどうなっているかを調べた。一晩ぐっすりと眠った後にゲームを行った被験者のグループは実生活で大抵の人が示すのと同じような振る舞いを見せた。ゲームに負けてお金を失う(損をする)リスクを警戒しながら慎重な態度で儲けを追い求めたのである。

一方で、一晩徹夜した(午後6時から翌日の午前6時まで実験室で寝ずに過ごした)後にゲームを行った被験者のグループは「損するリスクへの警戒を緩めてできるだけ大きな儲けを追い求める」姿勢を露わにしたという。・・・この実験を行った研究チームは徹夜した被験者たちが露わにした姿勢を指して「楽観主義バイアス」(“optimism bias”)1と呼んでいる。

・・・fMRIで捉えられた脳の画像を調べたところ、一晩徹夜した上でギャンブルゲームを行った被験者の脳内では一晩ぐっすりと眠った被験者と比べると前頭前野腹内側部がより活発に活動している様子が確認できたという。この部位は恐怖やリスク、意思決定と関わりのある領域として知られている。それに加えて、一晩徹夜した被験者の脳内では前部島皮質――感情や中毒との関わりが指摘されている領域――の活動が落ち込んでいる様子も確認できたということだ。・・・

・・・カジノでブラックジャックのテーブルの前に「一晩中」張り付いたり、オンラインのポーカーゲームに「夜通し」興じたりすることは、(睡眠不足を伴うことで)ギャンブルに輪をかける結果となる可能性があると言えるだろう。・・・睡眠不足を原因とした「楽観主義バイアス」の問題はギャンブルよりもずっと賭け金が高い(ずっと大きなものがかかっている)分野、例えば証券取引所の立会場(トレーディング・フロア)や病院での仕事にも付きまとうことになるかもしれない。立会場や病院では時として寝不足のままでの業務遂行を強いられているのだ。

・・・睡眠不足に伴う問題は単にやる気が出ないという話にとどまるわけではなく、ずっと根が深い可能性がある。エスプレッソ――あるいはもっと強力な眠気覚まし――を口にしたところで睡眠不足の脳が「根拠のない楽観」に向かう傾向を食い止めることはできないかもしれないのだ。・・・ 

ついでにこちらの記事(“How do doctors know how much sleep we need?”)もご覧になられるといいだろう。「必要な睡眠時間はどのくらいか?」といった問題については諸説あるようだが、この記事ではこの問題に関するこれまでの研究の概要が紹介されている。

  1. 訳注;ゲームに勝つ(儲けを手にする)可能性を過大評価する一方で、ゲームに負ける(損をする)リスクを過小評価する傾向 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください