経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「4人の『ギフト専門家』が語り合う『クリスマスギフト政策』の行方」(2010年12月25日)

●Mark Thoma, ““Once Upon a Professor: The Christmas Debate Story””(Economist’s View, December 25, 2010)


ウィリアム・イースタリー(William Easterly)がとある「昔話」を紹介している。

Once upon a Professor: the Christmas Debate Story” by William Easterly:

昔々のお話です。4人の教授が「クリスマスギフト政策」の行方を語り合うために一堂に会しました。このような機会が持たれたことは全世界にとって実に幸運この上ないことだったと言えるでしょう。というのも、この4人の教授というのはいずれも世界を代表する「ギフト専門家」としてその名を轟かせていたからです。

A教授の見解はこうでした。「私はみんながギフトに何を欲しがっているか知っています。しかしながら、ギフトを送り届けるためのインフラが整っていません。問題はここにあります。各国の政府はIFCD(International Fund for Christmas and Development)に拠出する資金をもっと大幅に増やすべきだと私は提案したいと思います。そうすればギフトを送り届けるために必要となるありとあらゆる補完的なインフラの整備に向けた包括的な計画を実施することが可能となりますし、その結果としてゆくゆくはみんなに望み通りのギフトが行き渡ることになるでしょう。」

B教授の見解はこうでした。「子供たちが家庭の中で身の安全を確保できているかどうか心配でなりません。身の安全が脅かされている子供たちを一刻も早く保護すべきです。そのためにG8の早急な介入が望まれます。クリスマスギフトの件ですが、子供たちの身の安全を確保した後に直接一人ひとりに何が欲しいかを聞いて希望の品をあげればいいでしょう。」

C教授の見解はこうでした。「私はランダム化対照実験を試してみるべきだと思います。代表的なクリスマスギフト三品をランダムに選ばれた一群のグループにそれぞれ分け与え、何も与えられないでいるコントロール・グループと比較してどういう違いが見られるかを確認してみるべきです。その結果は12月25日までには明らかにならないでしょう。実験の結果が査読付きの専門ジャーナルに掲載されるまでクリスマスは延期すべきでしょう。」

D教授の見解はこうでした。「他人から貰うクリスマスギフトが自分の望み通りの品であるためしなんてない。他人にギフトをあげるために費やされたお金は無駄でしかないのだ。クリスマスギフトは他人にあげたり他人から貰ったりするのではなく銘々が自分のために買うべきだ。」

4人の教授たちの熱を帯びた意見の応酬はいつまでも終わる気配を見せません。外では冬の夜が一段と深まり、暖炉では炎の勢いが弱まる一方です。

こんな熱い議論が交わされているとは露知らず、世間の人々は街に出て最愛の相手のためにクリスマスギフトを選んでいます。「あの人は何が欲しいんだろう」と純粋な親愛の情を心に抱きながら当て推量に励んでいます。

誰もが幸せそのものでした。・・・そうではないという人がもしかしたら4人ほどいたかもしれません。

———————————

メリー・クリスマス!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください